新着記事一覧

  • 130317_matinowadai

    大和で料理教室/「まめぶ汁」作り方伝授

     大和市で食育を推進している市民団体「食のアトリエ」がNHKの連続テレビドラマ「あまちゃん」でブレークした岩手県久慈市の郷土料理「まめぶ汁」を作り、試食するイベントを22日、同市勤労福祉会館で開く。 「まめぶ汁」は、東北の大震災の炊き出しとして広まり、「あまちゃん」で人気が出た。小麦粉を丸めて中にク

  • 08-2men

    東京の「エコ・24」、アスベスト無害化/固定剤を吹き付けで

     建築物の被覆施工などを手掛けるエコ・24(本社・東京)は国内唯一のアスベスト(石綿)に固化剤を吹き付けて、無公害化する独自工法「CAS工法」事業を本格展開する。  同工法による無公害化工事は神奈川県内でもメルパルク(横浜市)などで施工済みで、今後、相模原市や大和市など県央地区での施工に攻勢をかける

  • 130317_matinowadai

    相模原市、ツイッターで災害情報提供

     相模原市は、インターネットの短文投稿サイト「ツイッター」を使い、災害情報を提供すると発表した。  市民に対して迅速な情報伝達を図るのが狙いという。地震や災害情報のほか、避難勧告と指示、国民保護に関する情報などを提供していく。9月1日から運用を始めた。同サイトのアカウントは@sagamihara_k

  • 熱戦を繰り広げる小学生ら

    大和・下鶴間「少年相撲大会」/土俵上の熱い戦い

     「29回下鶴間子ども相撲大会」がこのほど、大和市下鶴間の諏訪神社境内で開かれた。  地元の男子小学生73人が出場。熱戦を繰り広げた。  「子ども相撲大会」は、土俵作りをはじめ、呼び出し・行司役、運営などすべてを地元自治会の大人たちが務めている。  毎年8月の第一日曜日に開催される。下鶴間連合自治会

  • 平和願い行われた朗読劇=大和市内

    大和、平和願って朗読劇/地元高校生も共演

     大和市平和都市推進事業実行委員会の設立20周年記念事業として、同委員会と大和市が主催する朗読劇「この子たちの夏 1945・ヒロシマ ナガサキ」が、大和市生涯学習センター(大和市深見西)で開かれた。  当日は6人の女優(かとうかず子、高橋紀恵、床嶋佳子、西山水木、根岸季衣、原日出子各氏)が出演した。

  • 06-3men

    焼肉ダイニング・牛若/肉の質こだわりメニューを一新

     焼肉ダイニング・牛若(相模原市中央区横山)はこのほど、店内の内装とメニューを一新し、リニューアルオープンした。  開店5周年を機に実施した。これまでの経験や来店客からの要望を新メニューに反映させたという。  内装は、食欲を沸かせるという赤色に近いえんじ色に統一。座敷席には油を吸いにくい床材を使用し

  • 代表理事の鈴木さん

    マンション老朽化/対策支援の協会設立

     建て替えや大規模修繕などが必要となる老朽化マンションが増えている。しかし、いざ建て替えとなると住民の合意が必要で時間もかかる。そうした住民の支援を目的に、全国初の一般社団法人「老朽化マンション対策支援協会」が横浜市に設立された。(編集委員・小宮山光賢)  新しい協会を立ち上げたのは、耐震偽装が発覚

  • SICでアプリ開発を続ける古木さん

    SICの古木さん/「絆」深めるアプリ開発

     子どもに読み聞かせたい絵本をタブレット端末で―。インキュベーション施設、さがみはら産業創造センター(SIC、相模原市緑区西橋本)に入居する古木映治さん(39)は、親子のコミュニケーションをテーマにしたソフトの開発を続けている。このほど、タブレット端末やスマートフォン(多機能携帯電話)向けに、多くの

  • 07-5men - コピー

    大和・久田地区、伝統行事に児童ら参加/ジャンジャン講

     大和市上和田の久田(くでん)地区に古くから伝わる伝統行事、念仏講、ジャンジャン講がこのほど開かれた。  これは、数え年の13歳か14歳の男子が「子の刻」〔午前零時〕に鉦(かね)と数珠を持ち、地区内の家をまわって無病息災を祈りながら鉦を叩いて鳴らすもの。  同地区で200年ほど前に農家のお盆明け時期

  • 熱交換機を手にする稲場社長

    リガルジョイント、熱交換機で優秀賞/「かながわNavi大賞」

     リガルジョイントの家庭用燃料電池システム(エネファーム)用の高温ガス冷却器(熱交換器)が、「かながわ産業Navi大賞2013」フロンティア部門・優秀賞に選ばれた。  同製品はエネファームに組み込むステンレス製の管。内部を二重構造にし、内側の断面を「クローバー」のような形状にした。この形状で熱の伝達