まちの話題

  • 村富神社に集まった会員ら

    24人で振興の会発足/「村富線」沿いの活性化へ

    「村富線」に商店街を―。相模原市内の村富線(県道相武台相模原線)沿いの地域振興を目的とした「村富地域振興の会」が発足し、村富神社(中央区矢部)で15日に発足式が行われた。 (2018年4月20日号掲載)

  • 県道横浜厚木線沿いに完成した新病院

    徳洲会病院、一部病棟から診療開始/大和駅近くに新病院完成

    医療法人徳洲会が現地で建て替えていた大和徳洲会病院(大和市中央4)の新病院が完成し、3月21日に式典と内覧会が開を開いた。療養環境の改善や高性能な医療機器の導入により、法人のモットー「断らない医療」の実践を誓った。今月1日から一部の病棟(82床)で患者の受け入れを始め、段階的に病床数を増やしていく。

  • JR町田駅南地区まちづくり整備方針

    町田市、相模原と連携視野に/JR町田駅南口で再開発

    町田市はこのほど、JR町田駅南口と都道町田厚木線、境川に囲まれた地区(約6万81千平方㍍)についてまちづくり整備方針をまとめた。駅南側から多くの人が訪れるよう、相模原市と連携した交通基盤づくりの検討も視野に入れ、交通環境の整備や市街地へのアクセス強化などを盛り込んだ。 (2018年4月20日号掲載)

  • オープニングセレモニーのテープカット

    桜まつりに41万人/各団体のブース盛況

    恒例の「相模原市民桜まつり」が7、8日の2日間、同市中央区の市道市役所前さくら通りなどで開かれ、家族連れや団体客など約41万人で賑わった。3月後半の天候が安定したこともあってサクラの花びらは散った後だったが、若葉が清々しい香りを漂わせていた。 (2018年4月20日号掲載)

  • 津久井消防署

    相模原市、青根に複合施設完成/消防分署や公民館が一体

    相模原市緑区青根に、津久井消防署青根分署、緑区役所青根出張所、青根公民館が一体となった複合施設が完成し、4月1日に運用を開始した。これに先立ち3月29日に落成式と内覧会が行われ、加山俊夫市長をはじめ市議会議員や消防、自治会関係者ら約80人が出席した。 (2018年4月10日号掲載)

  • 加山市長(左から2人目)とBOC幹部

    ブラジル五輪委員が来相、市内を視察

    2020年の東京五輪の事前キャンプ地として、ブラジル代表選手団の受け入れが決まっている相模原市に3月29日、ブラジル五輪委員会の幹部らが訪れた。ちょうど市役所通りの桜が満開の時期に、加山俊夫市長を表敬訪問した幹部らは、「桜の美しさに感動した」と相模原の印象を答えていた。 (2018年4月10日号掲載

  • ギオン、中谷選手のスポンサーに

    ギオン、MTジム・中谷選手とスポンサー契約

    総合物流業の ギオン(相模原市中央区南橋本)は1日、MTボクシングジム(緑区西橋本)所属のプロボクサー・中谷潤人 選手(20)とスポンサー契約を結んだ。「相模原から世界王者を目指す中谷選手をサポートして、子供たちに夢や希望を与えてもらいたい」とし、海外遠征の費用などを補助していく。

  • 住宅地で上昇率2位だった地点付近

    住宅地、5年連続上昇/相模原市内などの公示地価

    国土交通省が3月26日に発表した公示地価で、相模原市すべての区において、住宅地は5年連続、商業地は3年連続で平均変動率が上昇した。特に2027年に開業予定のリニア中央新幹線整備で新駅が設置される緑区の橋本地区や東橋本地区で、住宅地の変動率が5・7~7・1%の大幅な伸びを見せた。 (2018年4月10

  • 集客アップに向け1万2千部製作したチラシ

    相模原商議所 飲食宿泊部会、チラシで魅力発信

    歓送迎会シーズンを前に、相模原商工会議所で2016年11月に新設された飲食宿泊業部会(志村英昭部会=ア・ドマニー社長)所属の約30店舗が、集客アップに向けた共同チラシ作戦を始めた。 (2018年4月1日号掲載)

  • 警備巡視ドローン

    NEDOとセコムら、警備ドローンを実証実験

    新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は3月15日、セコムやKDDIなどと自律飛行する複数の小型無人航空機「ドローン」を同時に飛ばす警備の実証実験を公開した。広範囲を同時に遠隔監視することで不審者の発見や対応を迅速にできるようになり、セキュリティ強化や人材不足の課題解消などが期待されるという

  • 学生の提案に「驚く提案ばかりだった」と述べた加山市長

    相模原市、若者の定住促進で議論/空き家対策や温泉活用も

    市民参加型のまちづくりを推進しようと「市政を語る会」が13日、相模原市役所で開かれた。「若者の定住を促進するPR」をテーマに、市内の学生6人が加山俊夫市長と意見を交換。空き家対策として自身で室内を改修することを条件に、無料で若者に貸し出す仕組みなどを提案した。 (2018年3月20日号掲載)

  • 130317_ryuutuu-233x141

    ファットオフ、企業経営者向け展開/生活に運動加え体形維持

    体脂肪コントロールを指導する「ファット・オフ」(相模原市中央区千代田3)は今月から、中小企業経営者向けに会員制カリキュラムを展開する。月2回の直接指導のほか、電子メールによる相談やアドバイスを組み合わせてパッケージ化し、多忙なビジネスマンの体形維持をサポートしていく。 新たな個人レッスンは、有名ニュ

  • 移設が健闘される相模原南署=相模原市南区古淵

    相模原南署、高相合庁内へ移転案

    相模原南警察署(相模原市南区古淵)と県高相合同庁舎(同区相模大野)の老朽化による建て替えについて、黒岩祐治知事は「南警察署の高相合同庁舎敷地内への移設を基本に検討を進め、一定の方向性が見えてきた。2018年度中に再整備の方向性を固めたい」と具体的な時期を明らかにした。2月21日の県本会議で京島けいこ