まちの話題

  • 式典に出席した大和市の新成人

    大和2215人/成人式 晴れやかに

     大和市の「2017やまと成人式」が9日、大和スポーツセンターで行われた。新成人は昨年度と比べて8人少ない2215人(うち女性1097人)で、1531人(うち女性760人)が参加した。  式典では恩師紹介として中学3年時の学年主任や担任教師がゲストとして登場。先生の名前がアナウンスされるたびに、会場

  • 市民会館で開かれた「はたちのつどい」

    相模原7425人/成人式 晴れやかに

     成人の日(9日)、相模原市などの各地で成人式が開かれた。色鮮やかな振り袖やスーツなどの晴れ着に身を包んだ新成人は、大人の階段への第一歩を踏み出した。  相模原市の「はたちのつどい(成人式)」は、中央・緑・南区の3会場で行われた。「はたちへのエール」と題した記念映画が上映され、新成人が加山俊夫市長や

  • 前回かい修治のデザインを生かした駅舎

    中央本線・相模湖駅、地産材使い地域と調和/新設備で登山目的に対応

     JR東日本八王子支社は、相模湖を中心とする登山・レジャー観光の玄関口として、中央本線相模湖駅(相模原市緑区与瀬)本体の改修工事を今月末までに完了する。地域と環境の調和をコンセプトに津久井産の杉を使用。管内初の「靴洗い場」や「更衣室」を新設し、レジャーや登山目的の需要に答える。  現在の駅舎は196

  • あいさつする杉岡会頭=ホテルセンチュリー相模大野

    相模原商議所、「稼ぐ力」強化を支援/新年賀詞交換会開催

     相模原商工会議所は1月7日、小田急ホテルセンチュリー相模大野(相模原市南区相模大野)で新年賀詞交歓会を開催した。市内外の経済団体関係者や会員企業など約350人が参加。新しい年を祝った。  あいさつした同商工会議所の杉岡芳樹会頭は2017年の景況感について「トランプ次期政権が掲げる財政・経済政策によ

  • 昆虫学会で成果を発表する渡邊さん

    明星大チームが調査、トンボ生態に稲作関与か/南多摩の中山間部で確認

     トンボの生態系に稲作などの人為的な環境変化、中山間部の谷戸水田が深く関与していることが分かってきた。明星大学非常勤講師の田口正男さん(相模原市中央区、県立上溝南高校元教頭)が、理工学部4年・渡邊陽香さんの卒業研究に協力して、南多摩の中山間部におけるトンボの生息状況を調査した。  トンボは幼虫(ヤゴ

  • 130317_matinowadai

    相模補給廠、基準値超え「鉛」検出/共同使用区域で土壌汚染

     相模原市は昨年12月、在日米陸軍相模総合補給廠(しょう)の共同使用区域(10ヘクタール)の土壌調査を行った結果、地表から50センチメートルの表層土壌から基準値(1キログラム当たり150ミリグラム)を超える「鉛およびその化合物」を検出したと発表した。  調査は、2016年9月7日から同12月19日ま

  • 調査・研究してまとめた資料について説明する涌田さん

    涌田さん、上溝出身の方成紹介/研究成果展示

     相模国上溝村(現相模原市中央区上溝)出身で明治天皇の侍医を務めた伊東方成(87)を扱った「郷土の偉人 伊東方成展」が昨年12月1日から25日まで、相武台公民館(南区新磯野)で開かれた。相模経済新聞で「近代人物評伝」を連載する郷土史研究家の涌田佑さんが、足跡や業績を個人で収集・まとめた成果を公開した

  • 130317_matinowadai

    市民向け講座、相模原の自然を後世に/江成氏ら環境を語る

     市立環境情報センターは11月20日から12月17日まで、相模原市中央区富士見の同センターなどで「~相模原の自然を後世に~地域の取組みを知る」と題した市民向け講座を開いた。相模原市議の金子豊貴男氏や写真家の江成常夫氏が講師を務めた講話のほか、藤野を訪れて里山保全の取り組みを視察する現地見学会もあった

  • %e3%82%82%e3%81%bf%e3%81%ae%e6%9c%a8%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%88

    もみの木コンサート、15周年で盛大に/中央区民が交流

     相模原市・中央地区の小中高生や住民らによる「もみの木コンサート」が昨年12月23日、市立富士見小学校の体育館(同市中央区富士見)で開かれた。中央公民館管内から参加・来場した約500人が、吹奏楽や合唱で交流を深めた。  同コンサートは、青少年の健全な育成を目的に、毎年開催している。今回が15回目で、

  • 新年の抱負を語る加山市長

    相模原市、賀詞交歓会に540人/「実現に向け一歩踏み出す」

     相模原市の賀詞交歓会が5日、けやき体育館(中央区富士見)で市と市議会の共催で開かれた。あいさつに立った加山俊夫市長は、「昨年の市政運営は、未来に向けたまちづくり計画を着実に進めることができた1年であった。ことしは具体的な取り組みを進める段階に入った。一層の努力を積み重ねる」と抱負を語った。  賀詞

  • 旭日小綬章の気持ちを話す鈴木会長

    相模原間税会の鈴木会長、2016年秋の叙勲 旭日小綬章/租税教育の普及に尽力

     2016年秋の叙勲で、旭日小綬章を受章した相模原間税会の鈴木泰生会長(ジュベール・スズキ社長)の「受章を祝う会」が同年12月10日、南区相模大野のレストランで開かれた。地元選出の衆議員や県議、市議のほか、髙橋博良相模原税務署長、杉岡芳樹相模原商工会議所会頭、元財務相で同会顧問の藤井裕久氏など関係者

  • 安全運転を促す相模原交通安全協会会員(右)

    相模原署など、「飲酒運転はいかん」/みかん配布で事故防止啓発

     相模原警察署、相模原交通安全協会、相模原安全運転管理者会は12月12日、「飲酒運転いかん・みかんキャンペーン」を相模原市中央区小山にある商業施設で行った。  年末年始に増える飲酒運転の交通事故を防止するため、毎年行うキャンペーンで市内の商業施設で行うのは今回が初めて。飲酒運転「いかん」にかけた「み

  • 判定で勝利が決まった瞬間の中谷選手

    MTジム、東西MVP戦制す/中谷選手がフライ級新人王

     昨年12月23日に東京・後楽園ホールで行われたプロボクシングの全日本新人王決定戦で、フライ級の東日本代表で出場した中谷潤人選手(18)が3-0の判定で東西MVP(最優秀選手)戦を制した。所属するM.Tボクシングジム(相模原市緑区西橋本)初となる全日本新人王の座をつかみ取った。  中谷選手は、1ラウ