流通・サービス・他

  • 新学群が入る多摩キャンパス=東京都多摩市

    桜美林大学、来年4月に新学群開設/航空分野の人材育成

    相模原市と町田市などにキャンパスを構える桜美林大学(町田市常磐町)は、6月28日に「航空・マネジメント学群」(入学定員140人、収容定員560人)の開設が文部科学省に認められ、航空管制官や航空機整備士など人材育成の裾野を航空業界全域に広げる。今後の航空業界を支える高度な専門性を備えた「航空各分野のプ

  • 販売店関係者に身分確認を求める職員ら

    大和市、ガソリン購入者を確認/京都放火殺人を受け要請

    大和市消防本部は9日、京都市伏見区の「京都アニメーション」第1スタジオで35人が死亡した放火殺人事件を受け、市内のガソリンスタンド15店舗にガソリンを販売する際の身分証確認などの徹底を要請した。【2019年8月20日号掲載】

  • 130317_matinowadai-233x141

    相模原市のプレミアム商品券、増税合わせ来月29日発行/子育て世代など対象

    相模原市は9月29日、10月の消費税増税に合わせて、販売金額に25%のプレミアム(割り増し)分を上乗せする「プレミアム付き商品券」を発行する。低所得者や子育て世帯への影響を緩和し、地域における消費を喚起・下支えすることが目的。国の全額補助で、今年度一般会計予算に約12億円を計上した。【2019年8月

  • 靴底に収納できるGPS端末

    徘徊高齢者をGPSで追跡/損害補償付け負担軽減

    相模原市は今月から、認知症の高齢者や障害者が徘徊した際に早期発見・保護につなげようと、GPS(衛星位置情報システム)端末を介護者に貸与し、対策の強化を進めていく。これまでかばんなどに入れて持ち運ぶ端末を貸し出してきたが、靴に収納できるようさらに小型のGPS端末を導入。本人が事故に遭った場合などの損害

  • 130317_matinowadai-233x141

    指定都市長会、企業拠点の地域分散要望/6要件、全会一致で採択

    相模原市など全国20政令指定都市の首長で構成する指定都市長会(会長・林文子横浜市長)は7月30日、東京都中央区で会合を開いた。相模原の本村賢太郎市長らが6つの提言・要請を取りまとめ、「外国人材の受け入れ・共生社会実現」「地方拠点強化税制の見直し」などを各分野の担当大臣に提出する。【2019年8月20

  • 130317_matinowadai-233x141

    新斎場、基本計画検討へ/最終候補地「青山」で継続

    相模原市は、緑区青山で整備を検討している「(仮称)新斎場」について住民向けに説明会を開き、2019~20年度に基本計画を検討し、20~21年度に都市計画協議・手続きを進めていくことを報告。建物や駐車場などの配置のほか、のり面や擁壁、進入路、雨水排水処理などを検討しながら、21~22年度に測量と用地取

  • 相模原市役所1階ロビーで出場報告を行った東海大相模野球部

    東海大相模、甲子園へ/市民へ全力プレー誓う

    東海大学付属相模高等学校野球部が夏の高校野球神奈川県大会で優勝し、第101回全国高等学校野球選手権大会への出場を決めた。先月30日に同校野球部の門馬敬冶監督と部員19人らが相模原市役所を訪れ、甲子園への出場報告を行った。同校の甲子園出場は11回目となる。【2019年8月10日号掲載】

  • 130317_matinowadai-233x141

    SC相模原、元代表選手と夢の対決/9月29日に市内高校生と

    プロサッカーJ3リーグのSC相模原は9月29日(キックオフ未定)、ホームスタジアムの相模原麻溝公園競技場(相模原ギオンスタジアム)=南区下溝=で6回目となる「さがみはらドリームマッチ2019」を開く。明治安田生命J3リーグ第24節ギラヴァンツ北九州戦の前座試合として実施させる。【2019年8月10日

  • 130317_matinowadai-233x141

    夏休み大和ロボット週間「ロボへの関心高めて」/子ども向けプログラミングも

    ロボットの操作体験やプログラミング教室などのイベントに参加できる「夏休み やまとロボット週間」が7月25日から大和市文化創造拠点シリウス(同市大和南1)で開かれた。さがみロボット産業特区に参加する同市が、市民のロボットへの関心を高めることを目的に2017年に始め、ことしで3回目となった。【2019年

  • 130317_matinowadai-233x141

    相模原市のカズテクニカ、IoT用モジュール開発

    無線通信機器の設計開発やビッグデータ解析・各種電気工事などを手掛けるカズテクニカ(相模原市中央区中央)はこのほど、低消費電力で世界最小クラスの小型IoT用無線通信モジュール「KT932」を開発した。さまざまなモノがインターネットに接続されるIoT社会に向け、IoT用のモジュールの需要を見込む。 サイ

  • 130317_matinowadai-233x141

    町田市、下水処理へAI導入/流水量に応じフロア制御

    町田市は2020年1月から2年間、下水処理場で民間企業や日本下水道事業団とAI(人工知能)を使った設備制御技術の実験を始める。新技術の実用化に成功すれば、下水処理の効率化や電気代の節約につながる。国土交通省の委託研究事業にことし採択され、全国の自治体や外国にも普及する可能性がある。【2019年8月1

  • 実力を見せつけた将来の五輪代表選手ら

    カナダ代表が相模湖に/五輪テストイベントに向け練習・調整

    カナダのジュニアボートチーム(18歳以下)は、 7日から11日まで海の森水上競技場(東京・青海3)で開かれる「2019世界ボートジュニア選手権大会」に向けて、本番に向けて8月5日まで県立相模湖漕艇場(緑区与瀬)で調整と練習を行った。2020年東京五輪に向けて代表チームが事前キャンプを行う前に、宿泊施

  • 130317_matinowadai-233x141

    相模原市で子どもプログラミング大会/小中学生対象に4回目の開催

    小学校でプログラム学習の必修化が2020年度に迫る中、全国に先駆けて教育に取り組む相模原市では、民間主導による小中学生向けのプログラミングコンテストがことし8月で4回目の開催を迎える。次世代を担う高度なIT(情報技術)人材の育成を目指すと同時に、自由な発想で表現する力や論理にものごとを考える力などを