流通・サービス・他

  • 2日間で計1万5千人以上が訪れた会場

    日系BPが主催、関連企業146社が展示/都内でITエキスポ開催

     クラウドやIoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)などの技術をテーマとした博覧会「ITプロ・エキスポ2017」(日経BP主催)が9、10日の2日間、東京・芝公園のホテルで開かれた。ビジネスに変革をもたらすとされるデジタル技術が一堂に会し、関連企業146社が情報交換や商談を行った。  製造現

  • プロジェクトを企画した八木専務

    ヤギ・リカーズ、寄付金で郷土愛醸成/桜イメージした焼酎発売

     飲食店専門の酒販「ヤギ・リカーズ」(相模原市南区古淵)はきょう、売り上げの一部をシティセールスに活用する焼酎「サクラ・サク・サガミハラ」を発売した。売り上げの一部を相模原市の象徴と言える桜の維持管理事業に寄付し、郷土愛の醸成を狙う。 (芹澤 康成/2017年3月20日号掲載)  企画した八木健芳専

  • 大規模な駐車場で広域から集客を狙う新SC

    大和ハウス、半導体跡地に複合SC/圏央道で相模原から集客

     大和ハウス工業(大阪市)が建設を進めているショッピングセンター(SC)「Iias(イーアス)高尾」(地上3階建て、延べ床面積8万0757平方メートル)が6月22日、八王子市東浅川町にオープンする。圏央道に近い立地を生かし、隣接する相模原市や町田市からの来客も想定。年間1千万人の集客と220億円の売

  • 木質素材の質感を生かした個室

    町田に「マチノワ」誕生/IM常駐し経営支援も

     起業家をはじめ、起業を目指す若者や女性にワークスペースを貸す「コミューン・ベース・マチノワ」が3月19日にオープンする。インキュベーションマネージャーが常駐し、起業や経営に関する各種相談、情報提供などの面でサポートしていく。  ブースやデスク、カウンター、いずは、サトウ草木(相模原市緑区青根)が提

  • 説明につか骨格標本を持つ阿部社長

    鍼灸整骨院の「ほねごり」、30店舗に拡大へ/産後の骨盤矯正で差別化

     産後の骨盤矯正に特化した鍼灸整骨院を運営する「ほねごり」(相模原市緑区橋本台)は、2017年度中に17店舗を開院し、約30店舗までの拡大を計画している。15年3月の伊勢原市への出店を皮切りに県内(県央・湘南)や都内に進出し、ことしの3月1日で13店舗目をオープンさせた。 (芹澤 康成/2017年3

  • 神奈中ハイヤーの復刻タクシー

    神奈中タクシーホールディングス、往年の車体 復刻/相模原や県央で運行開始

     相模中央交通と神奈中ハイヤーを傘下とする神奈中タクシーホールディングス(厚木市栄町)は、往年の車体デザインを再現し、2月中旬から運行を開始した。いずれも細部までこだわり、象徴的な「あんどん」(社名表示灯)も当時使用されていたものを再現した。  「リバイバル(復刻)タクシー」は、相模中央交通が発足し

  • 42社がブースを出した交流会

    県央4市、技術や製品をPR/海老名で製造42社が交流会

     大和・座間・海老名・綾瀬の県央4市の製造業が連携を深めることや、地域企業を周知することなどを目的に、見本市「県央ものづくり交流会」が15日、海老名市内のホテルで開かれた。    交流会は県央4市と各市の商工会議所が実行委員会を組織して主催し、今回で8回目の開催となった。ビジネスパートナーや最新の技

  • 「るーたんの森」に立つ渋谷社長

    大正堂、参加しやすい体制整備/緑地維持で環境大臣表彰

     家具の大正堂(相模原市南区上鶴間本町)の緑地保全活動がこのほど、「持続可能な社会づくり活動」として環境大臣賞を受賞した。本店裏にある社有の遊休地を活用し、社員が参加しやすい体制を整えている点が評価された。  2013年に創業100周年の記念事業として始めた活動「家具屋さんの森づくり『道正山るーたん

  • 県内のモデルルートを示した協議会

    県創造協議会、相模原の資源70件示す/魅力ある観光ルートへ

     県観光魅力創造協議会がこのほど、横浜市内のコンベンション施設で第3回会合を開いた。相模原市内の観光資源は、JAXA相模原キャンパスや川尻石器時代遺跡、尾崎咢堂記念館など約70件を提示。また、これらの資源が組み込まれたモデルルート約70案も示した。  構成員などが提案したスパリゾートや博物館など都市

  • 海外展開に関心ある企業が集まったセミナー

    ジェトロ、ビジネスフェス開催/海外展開へ情報提供

     日本貿易振興機構(ジェトロ)は1月20日、東京・丸の内の東京国際フォーラムで海外展開を考える中小企業向けにセミナーと相談会「ワールドビジネスフェスタ2017」を開いた。10カ国1地域で活動するコーディネーターが現地の最新情報を提供したほか、個別の相談にも応じた。  米国サンフランシスコの専門コーデ

  • 130317_ryuutuu

    佐藤ファーム、長竹で牧場造成計画/牛250頭飼育し供給へ

     佐藤ファーム(茅ヶ崎市下寺尾)が、相模原市緑区長竹に「(仮称)津久井農場」を造成することが分かった。農場の造成と各種設備を設置し、酪農と肉用牛を供給することで地域産業の振興を図る。2020年に工事を始め、24年の事業開始を目指す。  同社は、1948年に同市で酪農を主とした農業を経営。近年、周辺の

  • 永田屋

    永田屋、仏壇店リニューアル/イメージ一新

     創業100年葬儀社の永田屋(相模原市緑区橋本)はこのほど、橋本斎場に併設する仏壇店をリニューアルオープンした。  広い入り口と全面ガラス張りの開放的な店内で、これまでの〝仏壇店〟のイメージを一新する、カフェのような雰囲気。同店のリニューアルは約30年ぶりという。  店内には仏壇90基、位牌・仏具各

  • 国分が物流センター

    国分グループ、流通センターを麻溝台に開設/首都圏西武の需要対応

     食品・酒類の総合卸売業「国分グループ本社」(東京・日本橋)は6日、相模原市南区麻溝台にある賃貸物流施設の一部を賃借し、「国分相模原流通センター」を開く。首都圏西部の食品物流を担う三温度帯汎用センターとして、首都圏のフードサービス事業で拡大する物流需要に対応する。 (芹澤 康成/2017年2月1日号