ロングインタビュー

  • 趣味は読書とジョギング

    谷昭次さん、橋本論理法人会新会長/行政書士から養鶏業家へ

    このほど橋本倫理法人会の会長に就任した谷昭次さん(45)は、大学卒業後、コピー機のメンテナンスを担当するサービスマンから行政書士に転身し、2013年に生家の養鶏業を受け継いだ異色の経歴を持っている。愛川町で鶏卵の生産と出荷にいそしむ一方、多くの先輩経営者に囲まれつつ倫理法人会の運営に意欲的に取り組む

  • 「縁の下の力持ち」と青木さん

    青木庸江さん、「中畑清さん囲む集いに参加を」/女性会45周年事業に奔走

    相模原商工会議所女性会(本間セツ会長)は11月17日午前11時から小田急ホテルセンチュリー相模大野で、前横浜ベイスターズ監督・中畑清氏のランチトークショーを開催する。同会創立45周年記念事業で、参加者を募集している。同会副会長で記念事業の実行委員長を務める青木庸江(つねえ)さんは「中畑さんは情熱豊か

  • (左から)尾場瀬、衣笠、辻本さん

    相模原市弓道協会、武道館建設を熱望/競技実績と事業重ね半世紀

    引きしぼった弓から放たれた矢が空気をふるわせながら的を目指して一直線に飛んでゆく―。相模原市立体育館弓道場(中央区富士見)で毎日のように繰り広げられている光景だ。鍛錬に汗を流しているのは、相模原市弓道協会(髙木信行会長)のメンバー。市内3つの弓道場を拠点に活動している同協会は県大会、全国大会などで好

  • 行動力豊かな伊藤さん

    伊藤信吾さん、地域貢献と弁護士業を両立/「ゆめの芽」の運営担う

    「地域とともに法の心を育む」を経営理念にかかげる弁護士法人相模原法律事務所。この理念に沿って市内に3つの事務所を構えて地域のさまざまな法的ニーズに応えるとともに、トラブルのない豊かな地域社会を実現するため社会正義と公平を尊重する「法の心」を実践するよう市民と企業に呼びかける。業務を総括している伊藤信

  • 「両親にも感謝」と鹿沼さん

    鹿沼由理恵さん、東京パラ五輪で金メダルめざす/リオ「銀」で町田市民栄誉彰

    昨年のリオデジャネイロパラリンピックに日本代表として出場し、自転車女子タンデム個人ロードタイムトライアルで銀メダルを獲得した町田市出身の鹿沼由理恵さん(36)。2020年の東京パラ五輪での金メダル獲得が期待されている。今年、勤め先を都内から相模原市内に変えて地域との結び付きを強め、「町田・相模原地域

  • 三味線の腕前はプロ級の大石さん

    大石方哉さん、東林間の商業振興担う/地域一帯の「わぁ!カーニバル」

    阿波踊りで相模原市の夏を盛り上げる「東林間サマーわぁ!ニバル」が8月5・6日に開催され、26回目となる今年も約50連(阿波踊りの団体)が街を踊り歩いて大いににぎわった。実行委員会の柱である東林間商店街振興組合は今年、商店街と個店がこの祭りに地域と一体になって取り組んでいる姿勢が評価され、第5回「かな

  • 「礼節こそ柔道の基本」と藏本さん

    藏本孝二さん、東京五輪でメダル獲得を/パラ柔道コーチに就任

    2020年の東京五輪パラリンピック柔道の男子強化チームコーチに就任した藏本孝二さん(65)。現役時代には1976年のモントリオール五輪で銀メダルを獲得したのをはじめ、国内外で数多くの実績を残した。大分県の出身だが、神奈川県警に長く勤務し、相模原市内に居住していた経験があるなど市域との縁も深い。五輪メ

  • 「若い人材がどんどん出て来てほしい」

    茅明夫さん、淵野辺の商業振興に尽力/キーワードはJAXAと学生

    相模原市立鹿沼公園で8月5日、今年で5回目となる「ムーンウオーク世界大会」と銘打ったイベントが開かれる。7年前に奇跡の帰還で日本中を感動の渦に巻き込んだ小惑星探査機「はやぶさ」のふるさとという地域特性を生かして、地元のにこにこ星ふちのべ商店会が開催している名物行事の一つだ。40年以上にわたり商店会役

  • 「相模原の昔話も書いてみたい」

    神泉薫さん、「物をよく見ることを大切に」/中原中也賞の女流文学者

    相模原市中央区在住の神泉薫さんは2003年、優れた現代詩に贈られる中原中也賞を受賞した女流詩人(当時の筆名は本名の中村恵美)。その対象になった第一作品集『火よ!』の巻頭作品は、「真夏のアスファルトに打ち捨てられた一本のねじ。」という句で始まる。ありふれた光景を糸口にして想像の翼を広げた一編だが、この

  • 「ベタラン測量士でもある新倉さん」

    新倉裕さん、会員増強し、社会貢献深めたい/相模原法人会会長に就任

    6月に開催された公益社団法人相模原法人会総会で、第8代の新会長に選任された新倉裕さん(64、ユタカ企業社長)。横浜市に生まれ、中学3年のとき相模原市田名に転入。県立相模原高校から駒澤大学に進んだ。若い頃から多彩な趣味に親しむ一方、25歳のときから社長として経営にあたるとともに、相模原青年会議所(JC

  • 社是は「存在価値のある行動力」

    船木春男さん、クリーニング業界の発展支える/時代に合う提案型経営貫く

    クリーニング業界と共に歩んで40年あまり。店舗の設計・施工から業務用機械や資材の販売まで、トータルな業務を手掛けているアオイ(八王子市上柚木)。船木春男さん(50)はその二代目社長だ。創業者である義父の跡を継ぎ、顧客との共栄共存を社訓に掲げて提案型の営業に努めている。その一方、若い仲間と手を携えてク

  • 奉職37年目の霧生校長

    霧生正利校長、建学精神は「智慧と慈悲」/光明学園相模原高校が100周年へ

    光明学園相模原高等学校(南区当麻)は1919年、名僧の誉れ高い山﨑弁栄上人により「智慧と慈悲」を建学の精神として創設され、再来年100周年を迎える。現在の校長霧生正利校長(59)は相模原市橋本出身で、光明学園で教鞭をとって37年目になる。「建学の精神を大切にしながら、生徒一人ひとりが自分の目標を達成

  • 「学生の意欲をサポートしたい」と佐藤さん

    佐藤東洋士さん、桜美林と共に歩み、旭日重光章受章/人材を育て私学振興に尽力

    今春の叙勲で、国と公共に顕著な功績があった人に贈られる「旭日重光章」を受章した桜美林学園理事長・大学総長の佐藤東洋士さん(72)。学園の発展に尽くすとともに、大学教育の振興に向けた国の審議会委員などを務めて来た功績が高く評価された。今も学園創立100周年に向けて策定した中期計画を推進しつつ、新キャン