新着記事一覧

  • 所信を語るウダガワ理事長

    相模原JC、賀詞交歓会/「地域にインパクトを」

     20歳から40歳までの青年経済人で構成する相模原青年会議所(JC)は1月28日、ホテルラポール千寿閣(相模原市南区上鶴間本町)で賀詞交歓会を開いた。加山俊夫市長をはじめ、地元選出の議員や地域団体関係者、姉妹JCである韓国釜山海雲台JCの会員も来日し、約200人が出席して新年のスタートを祝った。 (

  • ダイボ昇格報告会

    三菱重工相模原DB、トップリーグ昇格報告

    12季ぶりにラグビーのトップリーグ入りを果たした「三菱重工相模原ダイナボアーズ」が、1月31日に相模原市役所で報告会を行った。土佐誠主将=フランカー、ナンバーエイト=が来季に向けて「これからも勝てるチームになっていかないといけない。気を抜かずに選手全員をリードしていく」と、会場に駆け付けたファンの前

  • 130317_tiikikeizai-233x141

    市、西武信金、東京家政学院大、公民連携で課題解決へ

     地域課題の解決につながるビジネスプランや事業モデルを作ろうと、相模原市、西武信用金庫、東京家政大が共同で「公民連携相模原イノベーションスクール」を開校し、1月23日に市民や企業関係者などに向けて事業案の公開プレゼンテーションを行った。参加者から事業化に向けた協力を申し出る声もあり、プランの実現に向

  • 130317_matinowadai-233x141

    ギオンが命名権/総合体育館契約

     相模原市は1日、物流業のギオン(中央区南橋本)と市立総合体育館(南区麻溝台)のネーミングライツ(命名権)契約を結んだと発表した。相模原麻溝公園競技場の「相模原ギオンスタジアム」に次いで、2件目の取得となる。  名称は「相模原ギオンアリーナ」で4月1日から2021年度まで3年間使用。契約金額は年間5

  • 初挑戦で日本フライ級王座に着いた中谷選手

    MTジム所属、中谷選手が新日本王者

     M.Tボクシングジム(相模原市緑区西橋本)の中谷潤人選手(21)=WBC(世界ボクシング評議会)4位=は2日、プロボクシング日本フライ級王座決定戦に初めて挑み、9回23秒で同級2位の望月直樹選手(25)=横浜光=にテクニカルノックアウト(TKO)勝ち。新たな日本チャンピオンとしてベルトを手に入れ、

  • 130317_matinowadai-233x141

    相模原市長選/公開討論会開く、立候補予定5氏

     相模原市長選の立候補予定者が政策について討論する「公開討論会」が3月8日午後7時から、市立産業会館(同市中央区中央)で開催が予定されている。相模原青年会議所が主催。相模経済新聞社などが協力。  立候補予定者は現在、出馬表明順に市議の宮崎雄一郎氏(52)、現職の加山俊夫氏(73)、県議の八木大二郎氏

  • 記者会見を開いた野元氏

    相模原市長選、無所属で5人目出馬/野元氏「子供・若者支援を」

     任期満了に伴う4月の相模原市長選で、首都大学東京教授で政治団体「市民連合さがみはら」共同代表の野元弘幸氏(57)が1日、市民会館(同市中央区中央)で記者会見を開き、無所属で立候補する意向を表明した。同市長選の出馬表明は5人目で、混戦の様相となっている。 (2019年2月10日号掲載)

  • はつらつショット(瀧本麻由さん)

    瀧本麻由さん/美容室Blue Earth

    美容室Blue Earth(相模原市緑区橋本6)でスタイリスト(美容師)を務める。小学生の頃、オーナーで美容師の父・康司さんを見て「かっこいい。一緒に働きたい」と思い、美容師になる決意をしたと言う。 学生時代は千葉県に1人で暮らし、父の知人の店で見習いをしながら夜間の専門学校に通った。瀧本さんは「お

  • 登壇してあいさつする各団体の代表ら

    相模原、建設9団体が賀詞交歓会

     相模原市内の9団体で構成する相模原市建設関連団体連絡協議会(会長・篠崎栄治建設業協会会長)の賀詞交歓会が1月11日、けやき会館(中央区富士見)で開かれた。建設関連団体会員のほか、市幹部、地元選出の議員、経済団体関係者ら約200人が出席し、業界のさらなる振興と地域の発展に尽力すると誓った。 (201

  • ロボットリテラシー授業1(いずれか)

    伊勢原、緑台小で出前授業/ロボ共生に向け心構え

    「ロボットと共生する社会」の到来を前にロボットの仕組みや使い方を知ってもらおうと、県の出前授業が22日に伊勢原市高森の市立緑台小学校で行われた。6年生59人が参加し、介護現場で使われている電動車いすやリハビリ支援ロボットなどの操作を体験した。 (2019年2月1日号掲載)

  • 橋本コーポ

    ハシモトコーポレーション、本社にギャラリー開設

    美術印刷などを手掛けるハシモトコーポレーション(相模原市中央区宮下2)は本社に、だれもが無料で自由に入館できる「ギャラリーエイチアート」を10日にオープンする。季節ごとに企画展示を行うギャラリーで、同社の橋本欽至会長は「アートを身近に楽しめる場であり、作家にとっては発表の場にしていきたい」と話す。

  • SIC-2隣接地に建設中の増築棟

    SIC、増築棟で希望増に対応/成長分野中心に入居募集

     さがみはら産業創造センター(SIC)=相模原市緑区西橋本=は1月23日、9月の入居開始に向けてSIC―2の増築棟で入居企業の募集を始めた。ロボットやバイオなど成長産業分野をはじめ、研究開発型企業に向けて案内している。 (2019年2月1日号掲載)

  • ブラジルキャンプ

    相模原市、事前キャンプでブラジルと協定

     ブラジルオリンピック委員会は1月17日、相模原市役所を訪問し、同市と2020年東京五輪の事前キャンプについての協定を結んだ。これまで17年6月に覚書を結んでいたが、協定により同市内での事前キャンプを実施することが正式に決まった。 (2019年2月1日号掲載)