新着記事一覧

  • 開発した無人機向けエンジン

    コバヤシ精密工業、無人機エンジンを開発/流体解析で都産研と連携

     コバヤシ精密工業(相模原市南区大野台4)は、ドローン(無人航空機)用エンジン「BT―86TYPE D」を地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター(都産技研)と開発、9日に販売を開始した。地上付近でドローンを飛ばした場合と同程度の負荷をかけた状態でも、オーバーヒートしないエンジンとして無人機市場

  • 柴胡苑へ車椅子を届けたマルハン関係者

    マルハン、柴胡苑に車おし寄贈/プルタブ交換で貢献

     遊戯施設を運営するマルハンは先月、2018年度に全国の店舗で収集したプルタブ(缶飲料のふた)約640万枚を車いす4台に交換し、営業店がある相模原市内などの特別養護老人ホームや福祉施設に寄贈した。 この活動は13年目で、今回の寄贈分を合わせて累計355台の車椅子を全国の施設に贈った。 (2019年4

  • 相模原待機児童数

    相模原市、保育施設整備で需要対応

     相模原市は16日、1日現在の待機児童数が前年度比75人減の8人だったと発表した。2017年まで3年連続でゼロを達成していたが、前年から厚生労働省が定める新基準を適用したことで、待機児童として扱う未就学児の範囲が広まった。認可保育所などの整備や認定保育室の認可化を進めるとともに、保育人材の確保や質の

  • 北里柴三郎、千円札に2

    北里柴三郎が新千円札に/相模原でも功績に注目

     北里研究所・北里大学の創設者・北里柴三郎(きたさと・しばさぶろう)氏(1853~1931)が新千円札の肖像に決まったと、9日に財務省の発表があった。北里氏について広く一般に周知し身近に感じてもらおうと、ホームページで経歴と業績を紹介している。相模原市南区北里に2つの病院とキャンパスがあることから、

  • ▽5月1日号休刊のお知らせ

    相模経済新聞を日ごろご購読くださり、誠にありがとうございます。 4月27日~5月6日が10連休となり印刷や配達などの業務が停止するため、5月1日号を休刊とします。 5月10日号は「相模原市民若葉まつり」特集号として、増ページで発行します。 お問い合わせは、相模経済新聞社042-757―3534へ。

  • 中央林間4丁目に設置されたサイクルポート

    大和市、自転車供用の事業化へ/民間事業者と協力し実証へ

     公共交通の利便性向上や健康増進、放置自転車削減などにつなげようと、大和市は3月13日から、指定の駐輪場(サイクルポート)に置かれた自転車を市民が安価にレンタルできる「シェアサイクル」を始め、需要を探る実証実験に乗り出した。シェアサイクルを手掛ける民間事業者の協力を得て実施。利用の頻度や目的と採算性

  • 中国市場への拡大を図る強アルカリ性電解水生成装置

    リガルジョイント、中国市場で受注拡大へ

     流体制御機器や環境機器などを製造するリガルジョイント(相模原市南区大野台1)の事業計画が3月22日、「地域経済牽引事業」として県から地域未来投資促進法に基づく承認を市内企業で初めて受けた。同社製品の「強アルカリ性電解水生成装置リアル」を組み込んだシステムを中国市場に売り込み、受注拡大を狙う。 (2

  • 祇園会長を囲む受賞者ら

    ギオン、「女子美術大学 ギオン相模原大賞」/女子美大の卒業生を表彰

     総合物流業のギオン(相模原市中央区南橋本)は3月14日、市内にキャンパスがある女子美術大(南区麻溝台)の学生の作品を対象にした「女子美術大学 ギオン相模原大賞」の授賞式を小田急ホテルセンチュリー相模大野(南区相模大野)で開いた。同大と同大学院の学生の卒業制作・修了制作の作品約500点から、完成度や

  • 前列左から峰村さん、成瀬さん、小林さん、名取さん

    地元の誇りに/ラーメン店がトレラン実業団発足

     地元の誇りに―。相模原市や町田市などでラーメン店を展開するオーファス(町田市小山町)は1日、山岳地帯を駆け抜ける「トレイルランニング」(トレラン)の実業団チームを発足した。同日に発足式があり、メンバー4人が披露された。年度内に国内最高峰のレース「ウルトラトレイル・マウントフジ」(UTMF)で上位(

  • _DSC9512

    上溝さくら公園に39種そろう/春秋に2度開花が楽しめる

     相模原市中央区上溝の「上溝さくら公園」では3月30日、39種類の桜を1本ずつ植える「上溝さくら39(咲く)プロジェクト」の植樹式が開かれた。新たに27種が加わり、2月上旬に見ごろを迎えるカンザクラから11月に開花するヒマラヤザクラまで、春(2月上旬~4月中旬)と秋(10~11月)桜の花を楽しめるス

  • 桜美林大新宿(エントランス)

    桜美林大、立地生かし実践教育/新宿百人町に新校舎完成

     桜美林大学は3月20日、都心に近い新宿百人町に「新宿キャンパス」を完成させ、関係者や来賓らに披露した。4月から町田キャンパス(町田市常盤町)のビジネスマネジメント学群(学生約2千人)と大学院経営学研究科が移る。ビジネス街に近い立地を生かし、企業との連携した実践的な教育を強化する。 (2019年4月

  • あいさつする田中支部長

    JPSA相模支部、本格稼働/永田屋の田中社長ら中心

     社会貢献を目的とした講演活動を行う講師の団体「一般財団法人日本プロスピーカー協会(JPSA)」のさがみ支部が昨年12月に発足し、3月18日に設立記念特別支部会を開いた。人間関係や目標達成で悩んでいる経営者やリーダーなどに対し、身近な学びの場として講演や教育活動を行っていく。 (2019年4月3日号

  • キャッシュレス決済を扱う9事業者が出展した展示会

    相模原商議所、潜在的ニーズを開拓/非現金決済の導入後押し

     相模原商工会議所は2月8日と3月12日、スマートフォンやクレジットカードなどで代金を支払う「キャッシュレス決済」を扱う事業者9社が一堂に会する展示会を初めて開き、導入を検討している小売業、理容・美容業、不動産仲介業などから計400人以上が参加した。さらに1千から2千社程度の潜在的なニーズがあると見