新着記事一覧

  • 「大和のドン」に参加している飲食店など33店のオーナーら

    大和駅周辺、創作丼で名物づくり/参加の広がりみせ33店舗

    大和駅周辺の商店街を活性化しようと、飲食店有志が創作した丼ものを提供するイベント「大和のドン」が11月11日まで開かれている。回を経るごとに参加店舗が増え、前回(1月11日~2月28日)は全店の丼料理を食べた人が13人出るなど盛り上がりを見せ、着々と街おこしにつながりつつある。【2019年10月20

  • 中央線の崩落個所=相模原市

    台風19号の水害、相模原で深刻

    大型で強い台風19号は12日、東海沖を北上して午後7時頃に本州に上陸し、13日未明にかけて関東を縦断した。相模原市緑区鳥屋では連続雨量770㍉を記録。同区牧野の住宅街で土砂崩れが発生し、家屋3棟が全壊、1棟が半壊するなど、15号の爪痕が残る県内に多大な被害を与えた。(12日から18日正午ごろまでの情

  • 個室型オフィス、町田駅に

    テレワークの需要対応/小田急町田駅に個室型事務所

    小田急電鉄は今月から、電話ボックス型の時間貸しオフィス「テレキューブ」を町田駅(町田市原町田6)などの改札内コンコースに2台設置している。働き方改革の需要を踏まえた駅施設の利便性向上の一環で、郊外で活動するノマドワーカー(オフィス外で働く人)などの需要を探る。【2019年10月10日号掲載】

  • 小型ロボット「ミネルバⅡ-2」

    リュウグウでの任務終了/はやぶさ2、帰還準備へ

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)は3日、探査機「はやぶさ2」が小型ロボット「ミネルバⅡ―2」を切り離し、小惑星リュウグウの上空から地表に向けて投下した。赤道上空を周回させて重力場を測定し、内部の密度分布の違いを調べた。リュウグウに接近するミッションは最後となり、ホームポジションへ戻った後は地球帰還に

  • 来場した子どもに運転方法を教えるメンバー

    子どもでも気軽に体験/2018年発足の相模原鉄道模型クラブ、市内公共施設で運動会も

    相模原市などで鉄道模型を走らせる愛好家グループ「相模原鉄道模型クラブ」は、2018年1月に設立した。だれでも鉄道模型の運転を体験できるイベントを公共施設で開くなど、子供にも気軽に楽しんでもらうことで、愛好家の裾野を広げようと活動している。代表の高田哲哉さん(50)=自営業=は「今後も学校や公民館など

  • 130317_matinowadai-233x141

    ほねごり、星が丘に本社機能を移転/人材育成や採用強化へ

    ゴリラのシンボルマークが目印の整骨院を展開する「ほねごり」(相模原市中央区)は9月30日、同区星が丘4丁目に本社を移転した。さらなる店舗拡大を視野に入れており、特に利益率45%を超える「フラッグシップ(旗艦)店」を増やすため、幹部候補を含めた人材の育成や新入社員の採用力を強化したい考え。 阿部公太郎

  • 130317_tiikikeizai-233x141

    ほぼ全業種で悪化続く/相模原商工会議所、第1四半期の景気観測

    相模原商工会議所が会員企業を対象に実施した第1四半期(4~6月)の景気観測調査によると、企業の景況感を示す景気動向指数(DI値)は、全産業でマイナス1となり、前期(1~3月)から6ポイント悪化した。全国では全業種にわたり業況の改善の兆しがみられるものの、相模原市では飲食業・サービス業を除き業況の悪化

  • 福島局長に津久井産材を贈る本村市長(左)

    津久井産材を選手村に/最後の搬出で引き渡し式

    2020年東京五輪・パラリンピックで「選手村ビジレッジプラザ」(東京・晴海)に使用される津久井産材の引渡し式が2日、相模原市役所本庁舎(中央区中央)前の広場で開かれた。搬出は8月20日からすでに始まっており、今回の3回目で完了する。【2019年10月10日号掲載】

  • 130317_matinowadai-233x141

    衆院14区 寺本・長友、両県議有力/野党候補不在のまま半年

    衆院神奈川14区の野党候補を巡って、立憲民主党の寺崎雄介県議(48)=相模原市中央区選出、国民民主党の長友克洋県議(48)=同市緑区選出の2人が有力候補として浮上している。14区は元衆院議員(比例南関東)の本村賢太郎氏がことし4月の相模原市長選に当選して以来、半年に渡り後継の野党候補が不在のままとな

  • 先頭車の形状が変更される現行型「L0型」

    JR東海、報道向け実験公開/来春、改良型リニア導入

    JR東海は3日、2027年に東京―名古屋間(約286㌔)で開業を目指すリニア中央新幹線の走行試験を山梨リニア実験センター(山梨県都留市)で報道関係者向けに公開した。実験用車両「L0(エルゼロ)系」への試乗もあり、本紙記者が時速約500㌔を体感してきた。【2019年10月10日号掲載】  

  • 130317_matinowadai-233x141

    相模原JC、SDGsの啓発普及へ/本村市長らが意見交換

    相模原青年会議所(JC)は21日、「SDGs(持続可能な開発目標)」の取り組みを市民に楽しみながら知って貰おうと「さがみはら大作戦・未来を創るSDGsフェスティバル」を開催した。【2019年10月1日号掲載】

  • 1日署長を務めた林選手(左)

    相模原北署、市内で「交通安全」啓発/K1王者を一日署長任命

    日没時間が早まる秋の交通事故を防ごうと「秋の全国交通安全運動」が9月21日から始まり、30日までの10日間、県内各所で交通安全を呼び掛けるイベントなどが行われた。県内では歩行者妨害や飲酒運転、スピード超過など、悪質性・危険性が高い違反を重点的に取り締まった。 相模原北警察署は、総合格闘技「K―1ワー

  • 130317_matinowadai-233x141

    さがみ湖プレジャーフォレスト、人気アニメとコラボイベント/マクロスの架空歌手が登場

    アウトドア複合リゾート「さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト」(相模原市緑区若柳)では、11月2日から2020年1月7日までの期間、37年の歴史を持つロボットアニメシリーズ「マクロス」とコラボしたイベント「マクロス イルミネーションLIVE!!!!!! inさがみ湖イルミリオン」を開く。【2019年