新着記事一覧

  • 商議所総会

    相模原商議所、副会頭ら改選、新体制/議会総会で役員選任

    相模原商工会議所は1日、市産業会館(中央区中央)で役員の任期満了に伴う「臨時議員総会」を開いた。第17期の役員が賛成総員で選任され、新体制がスタートした。役員の任期は3年。 会頭は2期務めた杉岡芳樹氏(69)が続投し、3期目となった。【2019年11月10日号】

  • スタジアムを視察したスンドハーゲ監督(右)

    ブラジル女子代表監督が視察/競技場のサッカー施設高評価

    ブラジル代表女子サッカーチームのピア・スンドハーゲ監督とコーディネーターのマルコ・クーニャ氏は11月1日、2020年東京五輪に向けた事前キャンプで使用する予定の相模原麻溝公園競技場(相模原ギオンスタジアム、南区下溝)を視察した。ブラジル五輪委員会(BOC)からの依頼がある正式な訪問ではなかったが、来

  • 130317_matinowadai-233x141

    相模原、7割超が愛着や親しみ/「住み慣れたまち」で定着

    相模原市は、市や区に対する愛着や定住意識について市民を対象にアンケート調査を実施したところ、4割以上が「感じている」と答えた。「やや感じている」と回答した人も3割を超え、愛着や親しみを感じている人は7割を超えることが分かった。一方、「あまり感じていない」(7・6%)と「まったく感じていない」(1・8

  • 腰の動きをサポートするロボットスーツ「HAL」

    相模原の復旧作業支援/ロボスーツを無償貸出

    台風19号で多大な被害があった相模原市で復旧作業にあたるボランティアの負担を軽減しようと、県の湘南ロボケアセンターとサイバーダイン(茨城県)は2日から12月1日まで、作業支援用のロボットスーツを市災害ボランティアセンターに無償で貸し出す。浸水した家屋などで、浸かった家具類の運び出し作業、土砂の撤去作

  • 会議に出席した本村市長(写真中央)

    知事が城山ダム放流説明/各自治体の台風被害報告

    首都圏の知事や政令市長が共通課題について話合う九都県市首脳会議が6日、東京都新宿区内のホテルで開かれた。10月12日に上陸した台風19号で被災した神奈川県や相模原市などが意見を交換したほか、各自治体が提案する国への要望事項を取りまとめた。現在結んでいる相互応援の協定を見直し、今後の防災力の強化につな

  • 徐電機

    はやぶさ由来の技術/JAXAと春日電機、共同開発で「徐電気」製品化

    宇宙航空研究開発機構と春日電機(川崎市幸区)は、従来の真空除電技術と比べて、100倍以上の速度で真空中の帯電した物体を除電することができる「除電器」の開発に、世界で初めて成功。春日電機はこの技術を応用した製品として、「マイクロ波プラズマ除電処理システム」を開発した。【2019年11月1日号掲載】

  • はやぶさ2が撮影したミネルバⅡの様子

    はやぶさ2、任務完了/リュウグウの重力観測成功

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」は、小惑星リュウグウへ小型ロボットを着地させることに成功した。小惑星の重力分布を詳しく観測することで、主要なミッションを完了させた。現在、地球への帰還に向けた準備を進めており、今月から12月にかけて現地を離れる。【2019年11月1日号掲載】

  • 石阪市長と協定書を交わすアイキューソフィア中野社長(右)

    町田市、民間と不正駐輪対策/町田駅や南町田に各200台

    町田市は10月23日、アイキューソフィア株式会社が展開する駐輪場シェアリングサービス「みんちゅうSHARE‐LIN」の導入を発表し、同社と協定を結んだ。 同事業は、個人や企業が所有する店舗や住宅などの空きスペースを駐輪場として貸し出す仕組みで、器具の取り付けは不用。地面にシールを貼ってスペースを確保

  • 反射素材で作った衣装を着て街頭に立つ学生ら

    夕方の早めの点灯呼び掛け/相模女子大と北里大が連携、視認性高い衣装を考案

    相模女子大学(相模原市南区文京)と北里大学(同区北里)の学生らは10日、小田急相模大野駅近くのロビーシティ前交差点で停まった車両の運転者に対し、早めのヘッドライト点灯を呼び掛けた。2大学が連携して開発した視認性の高い衣装を身に着け、安全性を兼ね備えたファッションも普及させたい考え。【2019年11月

  • VRゴーグルをかけて地震を体験する参加者

    相模原の飛鳥特装、VRで被災者視点再現/海外の地震発生国にも展開予定

    特装車両の製造を手掛ける飛鳥特装(緑区長竹)はこのほど、仮想現実(VR)を開発しているジョリーグッドと連携し、最大震度7の揺れに合わせて、VRで視覚的にも体験できる地震体験車(起震車)を開発した。国内の自治体、や住宅メーカーのほか、海外の地震発生国に向けて販売・提供していく。【2019年11月1日号

  • ロータリー地区大会

    「RIテーマの推進」採択/国際ロータリー第2780地区、相模原に地区会員2400人集う

    横浜市・川崎氏以外の県内をエリアとする国際ロータリー(RI)2780地区の2019~20年度地区大会が19、20日の2日間、相模原市南区相模大野で開かれた。同地区に所属する68クラブ、国内外の友好クラブ会員ら約2400人が参加し、今年度RIテーマ「ロータリーは世界をつなぐ」の協力推進などを盛り込んだ

  • 130317_matinowadai-233x141

    大和市、大木市長が施策報告/台風19号の被災状況説明

    大和市は10月29日、大木哲市長が市政などについて説明する「市長が語る大和市」を大和市文化創造拠点シリウス(大和南1)で開いた。自治会関係者や市内で活動している団体の代表者など、424人が参加した。【2019年11月1日号掲載】

  • 人生100歳時代

    人生100歳時代の設計/企業の役割について議論

    神奈川県は10月23日、無料フォーラム「人生100歳時代の設計図を考える~人生100歳時代における企業の役割~」を横浜情報文化センター(横浜市中区)で開催した。面白法人カヤック(鎌倉市)代表取締役の柳澤大輔氏、NPO法人ハマノトウダイ共同代表の岡部祥司氏らがパネルトークを行った。【2019年11月1