新着記事一覧

  • 相模原市、中山間地域の医療体制検討/22年度末までに対応策まとめる

    相模原市は8日、津久井・相模湖・藤野の3地域の持続可能な医療のあり方について、医療関係者や地域住民が意見交換を行うための懇話会を設置した。中山間地域における医療提供体制の確保を図るため、23年3月末まで課題の把握や対応策の検討などを行っていく。 懇話会は学識経験者のほか、医療系団体、診療所、訪問看護

  • 【お詫びと訂正】

    2021年9月10日号2面「相模原市、コロナ後へ補助」の記事で「申込順で予算額に達すると終了」と記載しましたが、補助金の申請は7月時点で予算上限に達し終了していました。記事掲載時点でまだ申請ができるような誤解を招いたことをお詫び申し上げます。

  • odakyuox

    相模大野駅ビルの小田急OX、需要や動向踏まえ刷新

    小田急商事(川崎市麻生区)は、小田急相模大野駅直結の商業施設小田急相模大野ステーションスクエアB館(相模原市南区相模大野3)3階のスーパーマーケット「オダキュー・オーエックス 相模大野店」(売り場面積1337・7 平方㍍)を8月18日にリニューアルオープンした。来店者の需要と最新の動向を踏まえ、駅前

  • 例年多くの観光入込がある相模原麻溝公園

    観光入込、相模湖相模川流域は6割減/相模原でも入場制限やイベント中止響く

    県内を訪れた観光客(入込観光客)は17年以降2億人を突破していたが、2020年は新型コロナウイルス感染症の拡大の影響で1億人余りとほぼ半減した。「相模湖・相模川流域」(相模原市、大和市、座間市、海老名市、綾瀬市)では全体で6割減少し、8~9割減少した市もあり、観光・イベント関連産業は壊滅的となった。

  • 金メダルを喜ぶギマエラス選手

    相模原で練習のブラジル代表、「金」「銀」メダル獲得

    相模原市がホストタウンとなり、県立宮ケ瀬湖カヌー場(清川村宮ケ瀬)で事前キャンプ(7月18~30日)を実施したブラジル代表カヌースプリントチームのイザキアス・ケイロス選手(27)が金メダルを獲得した。バレーボール女子代表は銀メダルを獲得し、ベスト8止まりだった母国大会の雪辱を晴らした。 ◇カヌーで史

  • 米軍基地

    県と8市、米軍基地返還縮小へ国に要望書

    県と、在日米軍基地・施設がある相模原、大和、座間、海老名など8市で構成する県基地関係県市連絡協議会(会長=黒岩祐治知事)は11日、国の関係省庁・機関に対し基地問題に関する要望活動を行った。 県内には厚木海軍飛行場(大和市、綾瀬市)やキャンプ座間(相模原市、座間市)、相模総合補給廠(相模原市)など12

  • 岡川院長(右)とブライアンさん

    東橋本の岡川鍼灸院、カザフ空手代表の指導受託/コロナ感染影響し接触できず

     新型コロナウイルス感染の拡大で1年の延期となり、賛否両論飛び交う中開かれた2020年東京五輪が8日に幕を閉じた。その中、相模原市緑区東橋本の鍼灸(しんきゅう)院が外国の代表選手をサポートする話があった。岡川鍼灸院を営む岡川智行さんと、同院のベガ・ブライアンさん=静岡出身=は、今大会で追加された「空

  • 実際に作った「フェジョアーダ」

    記者が地域の食材で「フェジョアーダ」を作ってみた/東京五輪ブラジル代表歓迎企画

    「ベン・ヴィンド ア サガミハラ!(ようこそ、相模原へ)」。東京オリンピックに出場する水泳、女子バレーボール、カヌースプリントのブラジル代表選手が相模原市で事前キャンプを行ったのを機に、歓迎の意味と食文化を相模原の人などに知ってもらおうと、国民的料理「フェジョアーダ」の作り方を紹介する。市内や近隣自

  • 被災桃のコピー

    ココナッツキュア、豪雨被災桃を製品化で救済

    オーガニック食品を契約農家と共に生産・販売するココナッツキュア(相模原市中央区相模原4、日暮美貴社長)はこのほど、6月に山梨県で発生した豪雨による被災桃を救出する支援プロジェクトを始めた。被災した桃を救い出し、飲食店や消費者へと「美味しく食べることで生産者を応援する」支援の輪を広げていきたい考え。

  • カナダ金3

    相模原で練習のカナダ女子エイト「金」/2020東京五輪

    2020年東京五輪に向けて、7月2日から17日まで相模原市内の相模湖漕艇場(緑区与瀬)で事前キャンプを行ったカナダ代表ボートチームのうち、女子エイト(漕ぎ手8人)はボート競技の最終日(7月30日)に東京・海の森水上競技場で行われた決勝で29年ぶりの「金メダル」を獲得した。500㍍地点からゴールまで首