新着記事一覧

  • 中国市場への拡大を図る強アルカリ性電解水生成装置

    リガルジョイント、中国市場で受注拡大へ

     流体制御機器や環境機器などを製造するリガルジョイント(相模原市南区大野台1)の事業計画が3月22日、「地域経済牽引事業」として県から地域未来投資促進法に基づく承認を市内企業で初めて受けた。同社製品の「強アルカリ性電解水生成装置リアル」を組み込んだシステムを中国市場に売り込み、受注拡大を狙う。 (2

  • 祇園会長を囲む受賞者ら

    ギオン、「女子美術大学 ギオン相模原大賞」/女子美大の卒業生を表彰

     総合物流業のギオン(相模原市中央区南橋本)は3月14日、市内にキャンパスがある女子美術大(南区麻溝台)の学生の作品を対象にした「女子美術大学 ギオン相模原大賞」の授賞式を小田急ホテルセンチュリー相模大野(南区相模大野)で開いた。同大と同大学院の学生の卒業制作・修了制作の作品約500点から、完成度や

  • 前列左から峰村さん、成瀬さん、小林さん、名取さん

    地元の誇りに/ラーメン店がトレラン実業団発足

     地元の誇りに―。相模原市や町田市などでラーメン店を展開するオーファス(町田市小山町)は1日、山岳地帯を駆け抜ける「トレイルランニング」(トレラン)の実業団チームを発足した。同日に発足式があり、メンバー4人が披露された。年度内に国内最高峰のレース「ウルトラトレイル・マウントフジ」(UTMF)で上位(

  • _DSC9512

    上溝さくら公園に39種そろう/春秋に2度開花が楽しめる

     相模原市中央区上溝の「上溝さくら公園」では3月30日、39種類の桜を1本ずつ植える「上溝さくら39(咲く)プロジェクト」の植樹式が開かれた。新たに27種が加わり、2月上旬に見ごろを迎えるカンザクラから11月に開花するヒマラヤザクラまで、春(2月上旬~4月中旬)と秋(10~11月)桜の花を楽しめるス

  • 桜美林大新宿(エントランス)

    桜美林大、立地生かし実践教育/新宿百人町に新校舎完成

     桜美林大学は3月20日、都心に近い新宿百人町に「新宿キャンパス」を完成させ、関係者や来賓らに披露した。4月から町田キャンパス(町田市常盤町)のビジネスマネジメント学群(学生約2千人)と大学院経営学研究科が移る。ビジネス街に近い立地を生かし、企業との連携した実践的な教育を強化する。 (2019年4月

  • あいさつする田中支部長

    JPSA相模支部、本格稼働/永田屋の田中社長ら中心

     社会貢献を目的とした講演活動を行う講師の団体「一般財団法人日本プロスピーカー協会(JPSA)」のさがみ支部が昨年12月に発足し、3月18日に設立記念特別支部会を開いた。人間関係や目標達成で悩んでいる経営者やリーダーなどに対し、身近な学びの場として講演や教育活動を行っていく。 (2019年4月3日号

  • キャッシュレス決済を扱う9事業者が出展した展示会

    相模原商議所、潜在的ニーズを開拓/非現金決済の導入後押し

     相模原商工会議所は2月8日と3月12日、スマートフォンやクレジットカードなどで代金を支払う「キャッシュレス決済」を扱う事業者9社が一堂に会する展示会を初めて開き、導入を検討している小売業、理容・美容業、不動産仲介業などから計400人以上が参加した。さらに1千から2千社程度の潜在的なニーズがあると見

  • 実証実験に使用している「LINE Pay」

    相模原市、電子マネー導入に課題残る

     相模原市では18日から、窓口で交付する一部の証明書などの交付手数料の支払いについて、電子マネーを利用した決済の実証実験が始まる。現金払いが原則だった公金の支払いにも導入されれば、住民利便性の向上や事務手続きの負担軽減、外国人誘致にも好影響があると期待する。 (2019年3月20日号掲載)

  • 駅利用者に声掛けするソロプチミスト会員ら

    女性奉仕団体、相模大野駅で周知活動/「国際女性デー」の8日に

     職業女性による奉仕団体・国際ソロプチミスト相模(会員18人)は、国連が定めた「国際女性デー」の8日、小田急相模大野駅(相模原市南区相模大野)北口のペデストリアンデッキでキャンペーン活動を行った。  同キャンペーンでは、小田急線沿線(祖師ヶ谷大蔵~伊勢原)のソロプチミスト13クラブが連携し、それぞれ

  • 杉岡ガバナーエレクト(右から4人目)と相模原市内RCの役員ら

    国際ロータリー2780地区、公共イメージ向上へ

     奉仕活動を行っている団体「国際ロータリー」の第2780地区(横浜・川崎を除く全県域)は6日、藤沢市の藤沢商工会館ミナパークで報道関係者向けのセミナーを開いた。米山記念奨学事業など各ロータリークラブ(RC)の活動についてメディアを通じて紹介し、公共イメージと認知度の向上について効果的に広報しようとい