新着記事一覧

  • 市内2事業所が提案する研磨ロボット

    連携して研磨市場参入/ロボットで人手不足解消

     米3Mの日本法人スリーエムジャパン(相模原事業所=相模原市中央区南橋本3)は11月29日、溶接関連システムのノウハウを持つ愛知産業と提携し、深刻な人材不足に悩む研磨市場にロボットを活用して参入する。同社の自動倣い機能付き研削装置に3Mの研磨材を取り付けることで、 今月3日から生産効率の向上や人手不

  • 体験農園を説明する城森さん

    駅チカで農業体験人気/耕作放棄地の有効活用に期待

     JR横浜線古淵駅(相模原市南区古淵2)から歩いて5分程度の住宅街に野菜畑が広がる。「都市と農業をつなぐ」をコンセプトに、農園ビジネスを展開するベンチャー企業「アグリメディア」(東京都)が運営する「相模原古淵駅前体験農園」(古淵4)だ。2017年11月にオープンした体験型農園が、市内都市部の家族層を

  • 受賞したJETの「食品仕分けシステム」

    きらりと光る産業技術/相模原のJETが受賞

    「九都県市のきらりと光る産業技術」の表彰式が行われ、各都県市から企業の技術が共通の財産として選ばれ、相模原市推薦枠でJET(中央区田名)の「ロボットがもっとも効率的に動ける環境を提供する〝食品関係仕分システム〟」が受賞した。 (2018年12月10日号掲載)

  • 航空宇宙分野を担う市内企業の共同ブース

    「国際航空宇宙展」/相模原市内4社が共同出展、参入目指し技術アピール

     航空宇宙分野で国内最大の展示会「国際航空宇宙展」(日本航空宇宙工業会主催)が11月28~30日まで東京ビックサイトで開かれ、関連産業への参入や販路拡大を目指す相模原市内の企業4社が製品や技術を出展。「(航空宇宙分野で)世界トップ100社のうち、3分の1が集まった」(大宮英明会長=三菱重工会長)とし

  • ことしの奉納額を作った井上さん

    双和製作所、伝統行事で技術を継承/ふいご祭り

     食品関連のプラント設備、ステンレス加工を手掛ける双和製作所(相模原市緑区根古屋)は11月8日、社内で「ふいご祭り」を行った。同社で48年続く、初冬の風物詩となっているイベントだ。  同社では若手の職人の井上翔竜さんが金属で「奉納額」を製作し、ミカンなどとともに供えた。昔ながらの行事を社内の活性化に

  • 関内駅近くのビルに構える営業所

    ウイッツ、関内駅近くに横浜営業所

     マンション管理のウイッツコミュニティ(相模原市中央区相模原)は1日、業務の拡張に伴い、横浜市中区羽衣町2丁目に横浜営業所を開設した。相模原本店と東京支店(東京都新宿区)で扱っていた神奈川エリアを統廃合し、横浜を中心とした首都圏で新規顧客の開拓を行う。 (2018年11月20日号掲載)

  • 3本腕が特徴のロボット

    アルプス技研、社内ロボコンで激戦/50周年大会で「宇都宮」優勝

     相模原市内創業のアルプス技研(横浜市西区)は11日、アルプス技研第1ビル(旧事務管理・総合研修センター、相模原市緑区西橋本5)で社員が製作したロボットで競う「アルプスロボットコンテスト」を開いた。遠方から駆け付けた同僚や家族からの声援もあり、熱気あふれる会場でロボットが激戦を繰り広げた。 (201

  • 先月開設した研究研修施設=大和市中央林間

    三機工業、大和に研究研修施設/技術と「人財」磨く拠点

     空調・冷熱、給排水・衛生、情報通信などの設備を手掛ける三機工業(東京都中央区)は10月11日、大和市中央林間7丁目に総合研修・研究施設「三機テクノセンター」を開設した。協力会社にも積極的な活用を促すことで、技術や施工品質、安全性の向上と連携強化を図る。 (2018年11月20日号掲載)

  • 現役引退の胸中を語る川口選手

    現役引退表明の川口選手、「きょうが最高の日」

     元サッカーワールド杯日本代表で、SC相模原のゴールキーパー・川口能活選手(43)は、4日に現役引退を表明し、11月14日に相模原市役所で会見を開いた。「実は、この1年、2年ぐらい、プレーを続けるか、引退するか、その狭間で揺れていた」という胸中を明かした。 (2018年11月20日号掲載)

  • 加山市長に手渡す杉岡会頭

    相模原商議所、12項目の要望、市に提出

     相模原商工会議所(杉岡芳樹会頭)はこのほど、相模原市に対して中小・小規模企業のさらなる経営支援や地域産業の振興のため、「平成31年(2019)度の市政」などについて要望。「新たな産業変化への対応」を新たに加え、計12項目にまとめた要望書を加山俊夫市長に手渡した。 (2018年11月20日号掲載)