新着記事一覧

  • 小原宿ライトアップ

    相模原市、小原宿ライトアップ

     幻想的な明かりの下で、江戸情緒に浸ってみては―。灯りの街「小原宿ライトアップ」が3月25日午後5時半~8時、甲州街道(国道20号)沿いの小原宿(相模原市緑区小原)で行われる。  小原本陣は江戸時代、参勤交代で甲州街道を行き交う大名が宿泊した屋敷。江戸後期に建てられたといわれ、県重要文化財に指定され

  • 実際の消防機材を使用した本格的な訓練

    相模原、縁JOYで消防訓練/関係機関との連携を確認

     2017年春季火災予防運動の一環として、特別養護老人ホーム「縁JOY」で消防総合訓練が行われた。相模原消防署から31人、相模原市消防団中央方面隊から5人が参加し、6隊編成を組んだ。多数の消防車両も動員し、同ホームの職員と連携して一連の訓練を行った。  縁JOYを運営する相模福祉村の赤間源太郎理事長

  • 130317_matinowadai

    相模原市、ブラジルを誘致/東京五輪で事前合宿地へ

     相模原市の加山敏夫市長は市議会で、ブラジル五輪委員会から2020年に開催される東京五輪・パラリンピックの「事前キャンプの拠点としたい」と打診があったことを報告。受け入れる方向でおおむね合意し、「日本五輪委員会の協力を得ながら諸条件などを調整した上で、覚書を早期に締結したい」と意向を示した。  加山

  • 開発センターに導入した自社開発の「水熱利用システム」

    オルガノ、自社開発システムが評価/水熱利用で地球環境賞

     水処理に関する装置や薬品を扱うオルガノ開発センター(相模原市南区西大沼)が、自社開発の「水熱利用システム」を導入しCO2排出量などを削減したことで、県の「かながわ地球環境賞」に選ばれた。見学の受け入れや講演など、省エネ普及に積極的な点が評価された。  同社が選ばれた「かながわスマートエネルギー計画

  • 木質素材の質感を生かした個室

    町田に「マチノワ」誕生/IM常駐し経営支援も

     起業家をはじめ、起業を目指す若者や女性にワークスペースを貸す「コミューン・ベース・マチノワ」が3月19日にオープンする。インキュベーションマネージャーが常駐し、起業や経営に関する各種相談、情報提供などの面でサポートしていく。  ブースやデスク、カウンター、いずは、サトウ草木(相模原市緑区青根)が提

  • 説明につか骨格標本を持つ阿部社長

    鍼灸整骨院の「ほねごり」、30店舗に拡大へ/産後の骨盤矯正で差別化

     産後の骨盤矯正に特化した鍼灸整骨院を運営する「ほねごり」(相模原市緑区橋本台)は、2017年度中に17店舗を開院し、約30店舗までの拡大を計画している。15年3月の伊勢原市への出店を皮切りに県内(県央・湘南)や都内に進出し、ことしの3月1日で13店舗目をオープンさせた。 (芹澤 康成/2017年3

  • 来年夏稼働予定の「海老名工場」(イメージ)

    サントリー、海老名に新豆焙煎/市場激化で生産1・6倍

     サントリー食品インターナショナルとグループ会社のサントリーコーヒーロースタリー(厚木市飯山)はこのほど、海老名市に缶コーヒーの「BOSS(ボス)」に使われる豆を焙煎する新工場を建設する。2018年夏から生産を開始することで、生産能力を現在の1・6倍に増やす。  コーヒー市場は缶コーヒーに加え、カフ

  • 「えい、えい、小田急」と気運を高める役員ら

    上溝で民間協議会発足/小田急線早期延伸実現を

     小田急多摩線の相模原市の上溝地区までの延伸と同線上溝駅の開設を促進する「小田急多摩線延伸・上溝駅開設推進協議会」が3月4日、JR上溝駅近くの上溝公民館で設立総会を開いた。多摩線延伸や上溝駅周辺のまちづくりの早期実現を促すことで、上溝地区の活性化を図る。関係機関への協力要請や他団体との連携も強めてい

  • 130317_matinowadai

    京王相模原線、トンネルで通話/若葉台から多摩境

     京王電鉄と携帯電話3社は2月28日午後1時から。京王相模原線若葉台駅から多摩境駅までの5カ所のトンネル内で携帯電話の通話ができる環境を整えた。事故や災害発生時などに、情報収集の手段の一つとして活用してもらうことが目的。  各社は、携帯電話をマナーモードに設定し、通話を控えるように案内。「混雑時の優

  • 鶴間公園と隣接する新商業施設のイメージ

    東急、南町田の商業施設整備/19年めどに開業へ

     東急電鉄はこのほど、2月12日に閉館した商業施設「グランベリーモール」(町田市鶴間3)跡地に整備する商業施設の計画を発表した。駅・公園・商業施設の周遊性向上および周辺環境と調和した商業施設によるにぎわいの創出が目的。5月に着工し、2019年度をめどに開業する。  新施設は「生活遊園地~くらしの『楽