製造業・中小企業

  • 中国企業から受注したサーボタンデムライン

    アイダエンジニアリング、中国からライン受注

    アイダエンジニアリング(相模原市緑区大山町)は、「BYTON」ブランドの電気自動車を製造する中国フュチャー・モビリティー(FMC)からEV向けボディパネル成形用の大型サーボタンデムラインを受注した。今回のサーボタンデムラインは中国で5ライン目となる。中国や欧州におけるEV市場の拡大を見込み、関連部品

  • 新たに導入した堅型真空炉と荻野社長

    「鋼の匠、相模原にあり」/橋本熱処理、真空炉増設で事業開拓

    鋼の特性を引き出す匠(たくみ)の集団が相模原市にある。橋本熱処理(中央区南橋本4)は、真空熱処理炉などの機械設備を増強し、航空機関連など新たな事業開拓を狙うとともに、自動車や産業機械など好調な分野にも対応する。 (2018年1月1日号掲載)

  • セルスター、「ドラレコ」生産増強

    自動車用品メーカーのセルスター工業(大和市つきみ野7)は、ドライブレコーダー(ドラレコ)の伸びる需要に対応するため、2月までに三重県名張市の新工場を稼働させ、月間の生産台数を4万5千台に増やす。投資額は土地と建物で約7億円。新工場の生産能力は現在の1・5倍に相当する月9万台となる。 (2018年1月

  • ウェブブラウザ上で制作できる「デザコラ」

    日相印刷、「デザコラ」を開発/プロ並みデザイン簡単に

    だれでも簡単にプロ品質のデザイン―。日相印刷(相模原市南区麻溝台)は、パソコンやタブレット端末などからオンラインでデザインを作成できるシステム「デザコラ」を開発。同システムを利用したサービスの第一段として、ノートの表紙を自分でデザインできる「きせかえノート.com(ドットコム)」を11月6日から始め

  • 130317_seizougyou-150x150-150x141

    「きらりと光る」レボックス受賞

    「九都県市のきらりと光る産業技術」の表彰式が11月13日、相模原市南区相模大野の市文化会館で行われた。各都県市から企業の技術が共通の財産として選ばれ、相模原市推薦枠でレボックス(中央区上溝)の光の技術を応用した「自動欠陥検査測定装置」が受賞した。 (2017年12月1号掲載)   &nbs

  • JACの「多目的薄膜材料開発成膜プラットフォーム」

    工業技術大賞が決定、相模原市内2社が受賞/薄膜成膜技術と新型集音器

    県内の中堅・中小企業が開発した優れた技術・製品を称える「第34回神奈川工業技術開発大賞」が決定した。相模原市内からはジャパン・アドバンスト・ケミカルズ(JAC、中央区上溝)が「ビジネス賞」、エース・E&L(南区麻溝台6)が「奨励賞」に選ばれた。 (2017年11月1日号掲載)

  • 手入れのしやすさを実現したディスク型フィルター

    富士工業、グッドデザイン賞/レンジフード「汚れない」で掃除楽に

    レンジフード国内トップの富士工業(相模原市中央区淵野辺2)が開発したレンジフード搭載機能「オイルスマッシャー」が、優れたデザインを表彰する今年度のグッドデザイン賞(日本デザイン振興会)に選ばれた。 (2017年10月20日号掲載)

  • 山梨工場の外国人雇用者たち

    カズテクニカ、山梨工場が本格稼働/外国人材を積極活用

    情報通信機器の設計・開発のカズテクニカ(相模原市中央区中央)は、山梨県韮崎市に新たな製造工場を設立し、このほど製品を初出荷した。今後、量産体制をとり本格稼働していく。新工場の立ち上げでは、最大の問題であった「人材不足」を外国人雇用でカバーした。 (2017年10月1日号掲載)

  • 130317_tiikikeizai

    三菱重工/メイキ、新会社へ移管

    三菱重工業はこのほど、小型空冷式ガソリンエンジン事業を集約し、きょう付で新会社「三菱重工メイキエンジン」を発足させると発表した。日本で製造されていた汎用ガソリンエンジンの多くが海外生産に移行するなど空洞化が顕著になるなか、専業会社化により長い歴史を有する国産ブランドとしての価値を確保しながら利益を追

  • トレーナーズクロスを広げる佐々木選手

    ベネクス、疲労回復ウエアで契約/新潟のプロチームに供給

    休養・睡眠時専用のリカバリー(疲労回復)繊維とウエアを開発・製造するベネクス(厚木市中町)は、プロバスケットチームの「新潟アルビレックスBB」の選手の休養・疲労回復をサポートする「リカバリー契約」を締結した。同チームを運営する新潟プロバスケットボールと9月16日から1年間の契約を結び、全選手に上下ウ

  • 130317_seizougyou-150x150

    市光工業、厚木に新工場建設へ

    自動車用ランプメーカーの市光工業(伊勢原市板戸)は1日、神奈川県厚木市に新工場を建設すると発表した。投資額は164億円。受注が好調なヘッドランプの生産を増やす。2019年7月に稼働させ、既存の伊勢原製造所から生産を段階的に移管していく。(2017年9月20日号掲載)

  • 手作業でオリーブの実を選別する従業員

    シェリーズ、食用オリーブ販売額10倍に

    8月に稼働開始5周年を迎えたシェリーズ(厚木市田村町1)の「テーブルオリーブ」専用工場は、2016年の販売額が12年に比べて約10倍となった。同市内で3カ所目となる新工場をことしから本格稼働させ、製品を供給する体制づくりを急いでいる。 (2017年9月20日号掲載)

  • インドネシアに設置した機種と同型の発電機

    発電機147基を受注/インドネシアで分散型電源

    三菱重工グループの三菱重工エンジン&ターボチャージャ(MHIET、相模原市中央区田名)は、インドネシアの国営電力会社向けに、ディーゼル発電設備のMGSシリーズ147基を受注した。多数の島しょからなる同国における効果的な分散型電源として活用されるもので、2018年前半までにカリマンタン島とスラウェシ島