製造業・中小企業

  • 主幹的に操作できるロボット

    相模原でロボ展示会/実証実験で経過報告

     「さがみロボット産業特区」ロボット展がこのほど、相模原市南区相模大野のユニコムプラザさがみはらで開かれた。2016年度の実証実験支援事業の重点プロジェクトの口頭報告や展示もあり、各分野のロボットが一堂に会した。  展示会には、「医療・介護」「災害対応」などの分野から約40種のロボットを出展。「スマ

  • リチウムイオン電池パック「MHA4-3612」

    NECエナジー、通信基地局向け新電池/小型軽量で30億目指す

     NECエナジーデバイス(相模原市中央区下九沢)は、通信基地局や小型電源などに適したリチウムイオン電池パック「MHA4―3612」を販売した。一般的な鉛蓄電池と比較して、小型かつ軽量で、長寿命が特徴。今後3年間で売上げ30億円を目指す。  新しい電池パックは通信機設備などで主流の48ボルト電圧に対応

  • 130317_seizougyou

    県内新車市場、5カ月連続プラス/神奈川トヨタ2月集計

     県内自動車市場の回復が続いている。神奈川トヨタ自動車がまとめた2月の県内新車市場(登録車・軽自動車合計)は前年比6・7%増の2万6777台となり、5カ月連続で前年を上回った。トヨタ自動車や日産自動車が好調だった登録車(排気量660cc超)の伸びが市場全体をけん引した。ただ、軽自動車市場は2カ月連続

  • 開発センターに導入した自社開発の「水熱利用システム」

    オルガノ、自社開発システムが評価/水熱利用で地球環境賞

     水処理に関する装置や薬品を扱うオルガノ開発センター(相模原市南区西大沼)が、自社開発の「水熱利用システム」を導入しCO2排出量などを削減したことで、県の「かながわ地球環境賞」に選ばれた。見学の受け入れや講演など、省エネ普及に積極的な点が評価された。  同社が選ばれた「かながわスマートエネルギー計画

  • 来年夏稼働予定の「海老名工場」(イメージ)

    サントリー、海老名に新豆焙煎/市場激化で生産1・6倍

     サントリー食品インターナショナルとグループ会社のサントリーコーヒーロースタリー(厚木市飯山)はこのほど、海老名市に缶コーヒーの「BOSS(ボス)」に使われる豆を焙煎する新工場を建設する。2018年夏から生産を開始することで、生産能力を現在の1・6倍に増やす。  コーヒー市場は缶コーヒーに加え、カフ

  • 受賞したガスコージェネ「SGPM450」

    MHIET、脱硝設備不要で高評価/コージェネが長官賞受賞

     三菱重工グループの三菱重工エンジン&ターボチャージャ(MHIET、相模原市中央区田名)などが開発した出力450㌔㍗の廃熱回収増大型・低NOx(窒素酸化物)ガスコージェネレーションシステム「SGPM450」が第37回優秀省エネルギー機器表彰事業の「資源エネルギー庁長官賞」に選ばれた。  同システムは

  • 新たに開発した高耐久システムの構成例

    ケイ・ジー・ケイ、機械化する印刷分野へ/UVインク供給装置開発

     印刷向けインク供給設備メーカーのケイ・ジー・ケイ(KGK、相模原市中央区南橋本)は、高粘度のUV(紫外線硬化)インクを効率よく供給する新型高耐久システムを開発した。ポンプユニットと分配制御弁をフルモデルチェンジし、年頭から発売。UV印刷への転換やUVインク補給の機械化を進める印刷分野への導入を目指

  • CEO兼社長を退くゴーン氏

    日産、ゴーン社長退任/グループの連携強化に集中

     日産自動車(横浜市西区)のカルロス・ゴーン氏(62)が4月1日付けで社長とCEO(最高経営責任者)を退任し、引き続き代表権のある会長を務める。今後、三菱とルノーを合わせたグループ全体の連携強化や拡大に集中する。 (芹澤 康成/2017年3月1日号掲載)  ゴーン氏の退任は、2月22日の取締役会で自

  • 新たに開発した鉄道用WiーFiアンテナ

    カズテクニカ、鉄道用WiーFi開発/東京五輪へ需要見込む

     通信機器の設計開発・設置工事の「カズテクニカ」(相模原市中央区中央)はこのほど、鉄道駅ホームや地下街、電車やバス車内に設置するWi―Fi(無線LAN)の新規アンテナを開発した。  通信キャリアや鉄道会社からの依頼で開発したもので、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて、地下街や地下鉄など、まだ

  • 過去最多の出展数となった会場内

    テクニカルショウ開催、過去最多数も地方勢目立つ/相模原市内企業も出展

     県内最大の工業技術製品見本市「テクニカルショウヨコハマ2017」が2月1~3日までの3日間、横浜市西区のパシフィコ横浜(横浜市西区)で開かれた。「未来をひらく新技術」がテーマで、過去最多の635社・団体が出展した。  38回目となる今回は、過去最多となる635社・団体が出展。県外から出展する企業も

  • 130317_seizougyou

    オーセンテックが機能集約、相模原市内で1社認定/セレクト神奈川100

     県はこのほど、昨年からスタートした新たな企業誘致推進方策「セレクト神奈川100」で、相模原市南区相模大野の「オーセンテック」の投資計画を認定した。「ロボット関連産業」として選び、企業誘致促進融資などで支援する。  板金加工機の部品開発や製造などを手がける同社は1億1200円の融資を受け、向上と研究

  • 完成した試作品を試奏する小松社長

    小松屋、「しゃみ小町」商品化へ/職人が作る土産用三味線

     三味線を製造・販売を手がける「小松屋」(相模原市緑区青山)は、三味線の胴に張る人工皮革「リプル」を使った土産用三味線「しゃみ小町」を考案し、商品化を目指している。職人がつくる三味線として造形や音にこだわり、従来の土産物と差別化を図った。  しゃみ小町は、通常の三味線よりも一回り小さく、飛行機に手荷

  • 雪かき用アタッチメントと横江社長

    旭フォークリフト、好評でレンタル開始/冬の到来に雪かきバケット

     雪かき用アタッチメントと横江社長[/caption] 物流機械販売・レンタルの旭フォークリフト(相模原市中央区田名)は、顧客からの要望を受け、雪かき用アタッチメント「雪かき王子」のレンタルを開始。取り付けの手軽さが企業から好評で、2015年に販売を開始して2シーズンで約100台を売り上げるヒット商