製造業・中小企業

  • 所信を語るウダガワ理事長

    相模原JC、賀詞交歓会/「地域にインパクトを」

     20歳から40歳までの青年経済人で構成する相模原青年会議所(JC)は1月28日、ホテルラポール千寿閣(相模原市南区上鶴間本町)で賀詞交歓会を開いた。加山俊夫市長をはじめ、地元選出の議員や地域団体関係者、姉妹JCである韓国釜山海雲台JCの会員も来日し、約200人が出席して新年のスタートを祝った。 (

  • 130317_tiikikeizai-233x141

    市、西武信金、東京家政学院大、公民連携で課題解決へ

     地域課題の解決につながるビジネスプランや事業モデルを作ろうと、相模原市、西武信用金庫、東京家政大が共同で「公民連携相模原イノベーションスクール」を開校し、1月23日に市民や企業関係者などに向けて事業案の公開プレゼンテーションを行った。参加者から事業化に向けた協力を申し出る声もあり、プランの実現に向

  • SIC-2隣接地に建設中の増築棟

    SIC、増築棟で希望増に対応/成長分野中心に入居募集

     さがみはら産業創造センター(SIC)=相模原市緑区西橋本=は1月23日、9月の入居開始に向けてSIC―2の増築棟で入居企業の募集を始めた。ロボットやバイオなど成長産業分野をはじめ、研究開発型企業に向けて案内している。 (2019年2月1日号掲載)

  • 130317_seizougyou-150x150-150x141

    県優良工場・小規模企業/相模原市内3社受賞

     県がものづくり産業の発展に貢献している企業を顕彰する「優良工場」は、相模原市内のコバヤシ精密工業(南区大野台4)と大島機工(同区田名)が受賞。また、「優良小規模企業者」にテムトス(緑区名倉)とボード・プランニング(緑区西橋本5、SIC2内)が選ばれた。 (2019年2月1日号掲載)

  • だるまに目を入れる杉岡会頭

    相模原商議所、杉岡会頭/「稼ぐ力の強化を図る」

     相模原商工会議所は8日、小田急ホテルセンチュリー相模大野(南区相模大野)で賀詞交歓会を開催した。地元選出の議員や経済団体関係者、会員企業など約530人が新年を祝った。  あいさつに立った杉岡芳樹会頭は「ことしは米中経済摩擦や中国経済の低迷、消費増税と軽減税率の導入など、新たな企業経営が求められてい

  • 受賞したJETの「食品仕分けシステム」

    きらりと光る産業技術/相模原のJETが受賞

    「九都県市のきらりと光る産業技術」の表彰式が行われ、各都県市から企業の技術が共通の財産として選ばれ、相模原市推薦枠でJET(中央区田名)の「ロボットがもっとも効率的に動ける環境を提供する〝食品関係仕分システム〟」が受賞した。 (2018年12月10日号掲載)

  • 航空宇宙分野を担う市内企業の共同ブース

    「国際航空宇宙展」/相模原市内4社が共同出展、参入目指し技術アピール

     航空宇宙分野で国内最大の展示会「国際航空宇宙展」(日本航空宇宙工業会主催)が11月28~30日まで東京ビックサイトで開かれ、関連産業への参入や販路拡大を目指す相模原市内の企業4社が製品や技術を出展。「(航空宇宙分野で)世界トップ100社のうち、3分の1が集まった」(大宮英明会長=三菱重工会長)とし

  • 講演する林野庁の牧元長官

    政令市木材議連、木材利用促進へ勉強会

     全国の政令市指定都市の有志議員で構成する「政令指定都市木材利用促進議員連盟」の勉強会が5日、相模原市南区の小田急ホテルセンチュリー相模大野で開かれた。全国20市の政令市から議員68人が参加し、国産木材の利用拡大に向けて意見が交わされた。

  • 130317_tiikikeizai-233x141

    相模原市の19年度方針/市長選で当初予算「骨格」

     相模原市は10月22日、2019年度の予算編成方針を通知した。来年4月に市長選が行われるため骨格予算とし、具体的な政策を反映した事業費は肉付け予算として来年6月定例議会に提案する。景気の回復などを反映し市税の増収を見込むが、補助費を中心とした義務的経費の増大で、34億円の財源不足となる見通し。  

  • ファクトリーショップを併設した物流・工場施設

    エア・ウォーター子会社、厚木の新施設稼働

     高圧ガスや血しょう・血液の輸送を手掛けるエア・ウォーターは、県厚木市木戸室の自社所有地(約1万6千平方㍍)に、グループ企業の東日本エア・ウォーター物流(横浜市港北区)が運営する「厚木低温物流センター」と、チルドデザートなどの菓子類を企画製造・販売するプレシア(厚木市)本社工場の複合施設を建設し、1

  • 旅行を兼ねて来店したコレイアさん一家

    菊屋浦上商事にブラジル家族来店/左利き用品求めて

     左利きの生活環境の向上に向けた記念日「国際左利きの日」の8月13日を前に、左利きグッズ専門店の菊屋浦上商事(相模原市中央区相模原6)に8日、地球の裏側のブラジルから同店の左利きグッズを求めて家族4人が来店した。左利きグッズが、市内のインバウンド需要の1つとなるかもしれない。 (2018年9月1日号

  • 表彰を受けた38事業所の代表ら

    相模原市、市内38事業所を表彰/優良な工事40件が対象

     相模原市は7日、優良工事等表彰の式典をけやき会館(同市中央区富士見)で開いた。市が発注して2017年度に完成した工事231件のうち、成績が優れた40件を優良工事として表彰した。受賞者は38事業者で、入札の総合評価方式で加点される。 (2018年8月20日号掲載)

  • 高性能焙煎機を導入した新工場

    サントリー、豆焙煎工場を本格稼働/好み多様化に対応

     サントリー食品インターナショナルとグループ会社のサントリーコーヒーロースタリー(海老名市中新田5)は、7月上旬からコーヒー豆を焙煎(ばいせん)する新工場を本格稼働している。総投資額は20億円。コンビニやカフェチェーンとの競争が激化するなか、多様化する消費者の好みに合わせた商品づくりを目指す。 (2