製造業・中小企業

  • ギオンが社用車として使用する燃料電池自動車

    ギオン、燃料電池自動車「MIRAI」導入/環境に配慮した製品を積極導入へ

    「地域と共生し地球と共存する企業」を目指す総合物流業のギオン(相模原市中央区南橋本)はこのほど、主に役員が使用する社用車としてトヨタの燃料電池自動車(FCV)「MIRAI(ミライ)」1台を導入した。環境に配慮した取り組みについて「できる企業ができることから取り組む」(ギオン広報)との考えで、祇(ネに

  • 神工大SIC

    SICと神奈川工科大が協定締結/企業の課題解決や学生育成などで

    さがみはら産業創造センター(SIC、相模原市緑区西橋本5)と神奈川工科大学(厚木市下荻野)は9月29日、産学連携で中小企業の技術課題の解決や共同研究、研究成果の実用化支援などを行うことで産学連携協定を締結した。地域企業の新分野進出、技術課題に対する相談、指導、人材育成等を通じて地域経済の活性化を図る

  • 【お詫びと訂正】

    2021年9月10日号2面「相模原市、コロナ後へ補助」の記事で「申込順で予算額に達すると終了」と記載しましたが、補助金の申請は7月時点で予算上限に達し終了していました。記事掲載時点でまだ申請ができるような誤解を招いたことをお詫び申し上げます。

  • 被災桃のコピー

    ココナッツキュア、豪雨被災桃を製品化で救済

    オーガニック食品を契約農家と共に生産・販売するココナッツキュア(相模原市中央区相模原4、日暮美貴社長)はこのほど、6月に山梨県で発生した豪雨による被災桃を救出する支援プロジェクトを始めた。被災した桃を救い出し、飲食店や消費者へと「美味しく食べることで生産者を応援する」支援の輪を広げていきたい考え。

  • フェイスガード

    ダイワダンボール、感染防止にフェイスシールド提案

     ダイワダンボール(相模原市中央区田名)はこのほど、自社開発したフェイスシールドを発売した。眼や鼻に飛んでくるウイルスを防ぐために、インフルエンザや新型コロナウイルス感染症の防止対策としてフェイスシールドの着用を提案している。価格は税込み300円。【2021年1月1日号掲載】 同社によると、一般に市

  • 優良工場にMEMOテクノス/優良小規模企業者に相模原・大和から各1社

    県がものづくり産業の発展に貢献している企業を顕彰する「優良工場」は、相模原市内のMEMOテクノス(南区大野台1)が受賞。また、「優良小規模企業者」にテクノサージ(緑区西橋本5、SIC内)、ケイ・システム(大和市下鶴間2)が選ばれた。 業務用放送装置や自動制御装置を開発・製造しているMEMOテクノスは

  • 三差製作所、田名に新工場建設/県の企業誘致で税軽減や補助

    県はこのほど、企業誘致推進方策「セレクト神奈川100」で、県外企業による相模原市内への投資計画など4件を認定した。このうち3社を「輸送用機械器具関連産業」として選び、企業誘致を促すための融資、税制措置で支援する。 航空機用部品加工や高圧コントローラーバルブ製造などを手掛ける「三差製作所」(横浜市都筑

  • 壇上に並ぶ各団体の代表者

    相模原建設8団体/賀詞交歓会に会員ら200

    相模原市内の8団体で構成する相模原市建設関連団体連絡協議会(会長・篠﨑栄治建設業協会会長)の賀詞交歓会が10日、けやき会館(中央区富士見)で開かれた。建設関連団体会員のほか、市幹部、地元選出の議員、経済団体関係者ら約200人が出席し、業界のさらなる振興と地域の発展に尽力すると誓った。 冒頭のあいさつ

  • 実機を使った実演を見せたMEMOテクノス

    SRB、国際ロボ展に共同出展/産業用実機を展示し注目

    さがみはらロボットビジネス協議会(SRB、事務局=相模原商工会議所)は、2019年12月18日~21日まで開かれた「2019国際ロボット展」に市内企業8社の共同ブースを出展した。産業用ロボットの実機を実演展示し、来場者からの注目を集めていた。相模原市も隣に出展し、関連企業などを紹介していた。 共同ブ

  • 鈴木所長を囲んで記念撮影に応じる受賞者

    県央地域県政総合センター、優良工事と優良森林整備で相模原市内の企業など表彰

    県県央地域県政総合センターは11月29日、厚木合同庁舎(厚木市水引2)で優良工事と優良森林整備の各施工者に所長礼状を贈呈する式典を開いた。相模原市と清川村の計11社1組合を対象とし、難工事の円滑な進行や無事故無災害、事業の周知などの功績を称えた。 優良工事施工業者の対象は、同センター発注工事のうち2