まちの話題

  • 相模原場所 遠藤

    相模原場所好評/11日、19年ぶりに大相撲

    大相撲の秋巡業「相模原場所」が11日、相模原市南区麻溝台の相模原市立総合体育館(相模原ギオンアリーナ)で開かれ、「満員御礼」の垂れ幕が掲げられた。市内での地方巡業は19年ぶり。台風19号の直撃が懸念されていたが、無事に千秋楽を迎えることができた。【2019年10月20日号掲載】  

  • 土偶付深鉢形土器

    土器2点を有形文化財/中期縄文人の精神像表現

    相模原市市内の大日野原遺跡(緑区澤井)から出土した土器2点が、市文化財保護審議会(会長・清水擴東京工芸大名誉教授)の審議・議決を経て市有形文化財に指定された。縄文文化が最盛期を迎える中で、中期縄文人の精神像が見事に表出されたものとし、「市の先史時代を代表する極めて歴史上学術上の価値が高い文化財」とし

  • 130317_matinowadai-233x141

    介護福祉の仕事相談会/未経験者やシニア人材確保

    相模原市は11日、ユニコムプラザさがみはら(南区相模大野)で「介護・福祉のお仕事相談会」を開催した。市公共職業安定所(ハローワーク相模原)共催。 人手不足の問題を抱える介護・福祉業界と、未経験者や子育て中、シニアなどで働くことを希望する人を市がマッチングすることが目的。これまで「就職相談会」として市

  • 一対のロボットアームを同時制御する技術が肝

    日産、旧車部品の再販対応/金型なしにパネル成型

    日産自動車(横浜市西区)は、金型を用いずにボディーやルーフなど8種類の大型ボディパネルを成形する新たな技術を開発し、実用化した。3次元データがあれば金型が廃棄された部品でも製作でき、2020年にもアフタ―サービス部品や旧型車の補修部品を販売するよう検討していく。【2019年10月20日号掲載】

  • 消費税完納と電子申請利用を宣言した団体長ら

    相模原税務署管内団体長会、連携して消費税完納/東京国税局管内初の宣言

    相模原市内の納税啓発6団体長で構成する「相模原税務署管内団体長会」は8日、同市中央区富士見の同税務署を訪問し、消費税完納と電子申告利用の推進を宣言し、宣言書を署長と交わした。各団体の会員が連携して、啓発・普及を進める。東京国税局管内では初の取り組み。【2019年10月20日号掲載】

  • 羽毛にこだわった創業者の名を継ぐ「ハルオ・ダウン」

    東洋羽毛、羽毛布団作りの枠結集/19年のグッドデザイン受賞

    いい羽毛からしか、いい羽毛ふとん(布団)は生まれない―。東洋羽毛工業(TUK、相模原市中央区淵野辺2)は、ことし4月に立ち上げた羽毛布団の新ブランド「HARUO DOWN(ハルオ・ダウン)」(23万3000~41万5000円)が2019年度のグッドデザイン賞に選ばれた。自社工場の独自技術で精毛したダ

  • 「大和のドン」に参加している飲食店など33店のオーナーら

    大和駅周辺、創作丼で名物づくり/参加の広がりみせ33店舗

    大和駅周辺の商店街を活性化しようと、飲食店有志が創作した丼ものを提供するイベント「大和のドン」が11月11日まで開かれている。回を経るごとに参加店舗が増え、前回(1月11日~2月28日)は全店の丼料理を食べた人が13人出るなど盛り上がりを見せ、着々と街おこしにつながりつつある。【2019年10月20

  • 中央線の崩落個所=相模原市

    台風19号の水害、相模原で深刻

    大型で強い台風19号は12日、東海沖を北上して午後7時頃に本州に上陸し、13日未明にかけて関東を縦断した。相模原市緑区鳥屋では連続雨量770㍉を記録。同区牧野の住宅街で土砂崩れが発生し、家屋3棟が全壊、1棟が半壊するなど、15号の爪痕が残る県内に多大な被害を与えた。(12日から18日正午ごろまでの情

  • 来場した子どもに運転方法を教えるメンバー

    子どもでも気軽に体験/2018年発足の相模原鉄道模型クラブ、市内公共施設で運動会も

    相模原市などで鉄道模型を走らせる愛好家グループ「相模原鉄道模型クラブ」は、2018年1月に設立した。だれでも鉄道模型の運転を体験できるイベントを公共施設で開くなど、子供にも気軽に楽しんでもらうことで、愛好家の裾野を広げようと活動している。代表の高田哲哉さん(50)=自営業=は「今後も学校や公民館など

  • 130317_matinowadai-233x141

    ほねごり、星が丘に本社機能を移転/人材育成や採用強化へ

    ゴリラのシンボルマークが目印の整骨院を展開する「ほねごり」(相模原市中央区)は9月30日、同区星が丘4丁目に本社を移転した。さらなる店舗拡大を視野に入れており、特に利益率45%を超える「フラッグシップ(旗艦)店」を増やすため、幹部候補を含めた人材の育成や新入社員の採用力を強化したい考え。 阿部公太郎