まちの話題

  • 企業関係者と意見を交えた懇話会

    相模原市、女性活躍の企業と対話

     相模原市は10月30日、2020年度からスタートする次期総合計画・男女共同参画プランの策定に向け、女性が出産・育児や結婚、介護などと仕事を両立しやすい環境整備を進める企業との懇話会を開いた。企業団地が運営する事業所内保育施設の現状なども明らかとなり、テーマの「女性がもっとかがやくまち さがみはらを

  • 胡弓型の三味線を持つ小松社長(右)

    小松屋、キャラ三味線で世界市場へ

     三味線の製造・卸売を手掛ける「小松屋」(相模原市緑区青山)は11月10日、人気ゲームソフト「ファイナルファンタジー」シリーズのデザインなどで著名な天野喜孝氏と提携し、同社が開発した人工皮革「リプル」に天野氏のオリジナルキャラクターが描かれた「シャウラ」三味線を発売する。若者や外国の富裕層にも知られ

  • グランドスタッフの仕事を説明する田中さん(左)ら

    ANA、草柳小へ出前出張/本物の部品使った体験も

     大和市立草柳小学校は18日、キャリア教育の一環としてANAグループの職員を講師に招き、同校の5年生を対象に職業体験を含めた出前授業を実施した。ANAグループが学校指導要領にのっとって作成した授業で、フライトプラン(飛行計画)の作成や飛行機の部品を使った整備など、実践的な内容となった。 (2018年

  • 東京五輪の協力に向けて握手を交わす両市町

    五輪の機運醸成へ「連携」/相模原、町田の市長が懇談

     隣接する相模原と町田の両市長は10月19日、町田市役所(町田市森野)で首長懇談会を開き、2020年東京五輪・パラリンピックの自転車競技ロードレースで両市がコースの一部となるため、大会の機運醸成に向けて連携していくことで意見を一致させた。懇談会は今回で22回目。 (2018年11月1日号掲載) &n

  • 桜美林、本町田に新キャンパス (2)

    桜美林大、20年開校予定/芸術文化学群の拠点へ

     桜美林学園(町田市常盤町)は、市立町田西小学校(同市本町田)と市立本町田中学校(同)の跡地に、桜美林大学の芸術文化学群が入り学生と教職員合わせて約1200人が通う「本町田キャンパス(仮称)」を整備する。学園が2021年に創立100周年を迎えるにあたり、学群の特色を際立たせた教育研究環境の拠点化を図

  • 130317_matinowadai-233x141

    相模原市は上位落ち/森ビル系シンクタンクが都市特性でランク付け

        森ビルのシンクタンク「森記念財団都市戦略研究所」はこのほど、国内主要72都市の経済力や居住環境などを総合的にランキングする「日本の都市特性評価」を発表。相模原市は「研究・開発」「環境」「交通・アクセス」の3分野がけん引したが、合計スコアで上位30位に入らなかった。魅力あるまちづくりに向け、よ

  • 市長選に向け記者会見を開いた宮崎市議

    宮崎氏が18日政策表明/相模原市長選

     来年4月の相模原市長選挙に出馬を表明している同市議会議員の宮崎雄一郎氏(52)が18日、けやき会館(中央区富士見)で記者会見を開き、市長選へ向けた政策を発表した。  宮崎氏は会見で「市の財政状況は、政令市の中で最悪のレベルまで硬直化し危機的状況。JALの破綻から再建までを経験した民間の視点から、財

  • 「Team Sagamihara」のメンバーら

    「相模原」背負って世界へ/市内企業8社、国際ロボ競技会に出場

     相模原の技術、世界に見せつけろ―。市内企業などで構成する「Team Sagamihara」は、ロボット技術を競う国際大会「ワールドロボットチャレンジ」(WRC)に出場する。自治体の呼びかけで地域企業や大学の有志が集まったチームは珍しく、「日常の業務と現場で培った技術力や工夫で、どこまでできるかの挑

  • 加山市長(中央)との記念撮影に応じ津代表選手

    ブラジル女子バレー、世界選手権へ市内合宿

     「カナリア軍団」相模原に―。市内で2020年東京五輪の事前キャンプを行うブラジル代表女子バレーボールチームは、20日まで開催される「2018女子世界選手権」に向け9月27日まで市立総合体育館(南区麻溝台)中体育室で調整と練習を実施。東京五輪に向けたテストキャンプを兼ねており、市内の宿泊施設や練習施

  • 住宅地で1位となった橋本1丁目=2017年撮影

    県内基準地価、橋本駅付近で住宅地上昇

     県が9月18日に発表した基準地価格(7月1日調査)では、相模原市の住宅地や商業地で上昇率が伸展した。特に、2027年に開業予定のリニア中央新幹線整備で新駅が設置される橋本駅(緑区橋本)周辺の住宅地で、変動率7・5~7・8%と伸びが見られた。 (2018年10月1日号掲載)