流通・サービス・他

  • 相模湖漕艇場

    県11月補正予算、台風被害の復旧に117億/相模湖漕艇場や城山ダムの設備修繕へ

    県は11月21日、2019年度の一般会計11月補正予算案で、台風19号による被害の復旧費用などとして177億3500万円を計上したと発表した。台風の豪雨に伴う流木で、相模原市内では県立相模湖漕艇場や城山ダムなど相模川沿いの県有施設が甚大な被害を受けた。流木の撤去や破損した設備の修繕などに充て、施設の

  • 鍬入れを行う柘植JR東海会長(左)ら

    リニア神奈川県駅が着工/11月22日、相原高跡地で安全祈願・起工式

    リニア中央新幹線「神奈川県駅(仮称)」の安全祈願・起工式が11月22日、建設用地の県立相原高校跡地(相模原市緑区橋本)で行われた。東京・品川と名古屋を除く中間駅(山梨、長野、岐阜)としては唯一の地下駅で、工事の長期化が予測されるため最初に着手した。開業予定の2027年3月末の完成を見込む。 安全祈願

  • 本村市長にマスクを手渡す会派のメンバー

    ▽町田市議会保守の会、都県境超えて支援の手/マスク1万枚を障害者施設に

    都県境を超えて届く支援の手―。#町田市議会 の会派「保守の会」は8日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、相模原市に衛生マスク1万枚を寄贈した。議員が独自に感染対策でできることを考え、「早期に、現実に、確実に行えること」として寄贈に至った。同会の意向に従い、#相模原市 は市内の障害者作業施設など

  • 三休庵 横

    ▽金沢市のカレー名店「三休庵」、相模原市内で復活/持ち帰り専門で伝統の味提供

     加賀百万石の城下町・#石川県金沢市 で愛され続け、昨年11月に惜しまれつつも閉店した「#三休庵駅西店」。その味を受け継いだ「#カレー処三休庵」が、テイクアウト専門のカレー店として #相模原市 中央区中央2丁目で6月1日に開業する。味を唯一受け継ぐ店として従来のファンの需要を取り込むとともに、神奈川

  • 130317_matinowadai-233x141

    立民県連「衆院14区に寺崎県議/党本部へ上申し会見開く」

    次期衆院選の神奈川14区の野党候補を巡って、立憲民主党県連は18日、県庁で記者会見を開き、14区の総支部長に同党の寺崎雄介県議(48)=相模原市中央区選出=を同日付けで党本部に上申したと発表した。立民党本部の党内手続きを経て承認されれば、次期衆院選で寺崎氏が14区の公認候補予定者となる。【2019年

  • 130317_matinowadai-233x141

    相模原市【A&A土地評価で不正/検証組織が中間報告示す】

    地中から多量の産業廃棄物が見つかり問題となっていた相模原市南区の土地区画整理事業「麻溝台・新磯野(A&A)第1整備地区」で、市が一部の地権者が有利になるように土地の評価を不正に引き上げる操作を行っていたことが分かった。12日に開かれた市議会全員協議会で、市の検証組織による中間報告で明らかにした。【2

  • リニア中間駅が建設される相原高校跡地

    リニア駅、工事本格化/22日に建設地で起工式

    県や鉄道沿線の市町村などで組織する「県鉄道輸送力増強促進会議」は13日、横浜市中区で総会を開いた。会議の冒頭で、会長代理であいさつした浅羽義里副知事(副会長)は、22日にリニア中央新幹線「神奈川県駅(仮称)」(相模原市緑区橋本)の建設工事が本格化することを報告した。【2019年11月20日号掲載】

  • 130317_tiikikeizai-233x141

    MHIEC、横浜の設備改修受注/焼却施設更新で効率化

    三菱重工グループの三菱重工環境・化学エンジニアリング(MHIEC、横浜市西区)は、横浜市から一般廃棄物焼却施設「資源循環局鶴見工場」(鶴見区末広町)の焼却炉等改修工事を受注した。処理能力1日当たり1200トンのストーカ式焼却炉設備を改修し、長寿命・省エネルギー化を図る。受注額は61億2700万円(税

  • 厚木市長を囲む4社の社長=厚木市提供

    厚木市と日産、災害時にEV電力供給/電源として貸し出し

    厚木市と日産自動車(横浜市西区)、神奈川日産自動車(同)、日産サティオ湘南(平塚市)、日産プリンス神奈川販売(横浜市神奈川区)の5者はこのほど、災害時に電気自動車(EV)を活用した電力供給に関する協定を締結した。災害で停電が起きたときなど、リーフなど電気自動車を電源として貸し出す。自治体との連携は1

  • 130317_matinowadai-233x141

    国際ソロプチミスト相模、市に寄付金や花

    相模原市は7日、国際ソロプチミスト相模(川合マリ子会長)から義援金及び寄付金等を受領したと発表した。 寄付・寄贈の内容は、国際事業への寄付金10万円、学校教育への寄付金10万円・花の苗の寄贈、子ども・若者未来基金への寄付10万円、施設等を退所する女性たちへの寄付1人当たり3万円。また、台風19号にか