ロングインタビュー

  • 『絆業』を出版した小川さん

    小川秀男さん、「絆業」オーナーの信頼築く/不動産業への道程 電子書籍に

     不動産の賃貸管理・売買から新築・リフォーム、時間貸駐車場や貸収納サービスまで手掛けるオリバーグループ(相模原市中央区鹿沼台)。その創業者であり、現社長の小川秀男さん(67)は10月20日、取引のある3千人の不動産オーナーや業界を志望する若者に自社の中身を知って理解してもらおうと、不動産業や建設業を

  • 作家兼経営者の本橋さん

    本橋君代さん、ペーパーナプキン6千枚/教室も生協のM-クラフト

     まもなく街にジングルベルの曲が鳴り響く季節。ペーパーナプキンを店内いっぱいに展示・販売している、M‐クラフト(相模原市緑区川尻コピオ相模原インターB館)にもクリスマス図柄の商品が加わって店内に季節の彩りを添えている。経営者の本橋君代さん(63)は優れたナプキンアーティストとして知られ、同時にアート

  • 青学名誉院長も務める深町理事長

    深町正信氏、地域に密着する和泉短大/保育・福祉の人材輩出

     創立60周年を迎えた和泉短期大学(相模原市中央区青葉)は、全国でもまれな児童福祉学科の単科短大で、一年制の専攻科介護福祉専攻も置いている。学生の多くは市内高校の出身者で、卒業後は市内・県内の幼稚園、保育園、児童養護施設を中心に活躍している。「キリスト教信仰に基づく教育と人格形成」という建学の精神を

  • %e9%bb%92%e5%b7%9d%e3%81%95%e3%82%93-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

    黒川好美さん、心つなぐマンドリン合奏/「ピュアサウンズ」代表

     11月6日午後2時から相模大野の相模女子大学グリーンホール大ホールで12回目の定期演奏会を開く、マンドリンアンサンブル「ピュアサウンズ」。2003年の設立以来、相模原市南区内の公民館を拠点に練習に励み、福祉施設などでの慰問演奏にも取り組んでいる。「マンドリンの癒し感あふれる音色を演奏者と鑑賞者がい

  • 竹澤さん(左)と海音さん

    竹澤静江さん、「サッカーしやすい環境を」/運動で知的障害児を支援

     「知的障害者サッカーを盛んにしたい」という熱い思いを胸に、環境整備のために奔走している竹澤静江さん(相模原市南区)。同じ目標を持つ12人のグループ、知的障がい者サッカー推進連盟の理事長を務めている。自身も障害児を持つ母親で、義務教育を終えた知的障害者は特別支援学級に進んでも部活動を体験することがで

  • 「引退後は夫婦で旅行を」と話す安藤さん

    安藤悦郎さん、あじさいメイツ理事長も/地域に根付いた活動32年

     安藤経営労務管理事務所(相模原市中央区)の安藤悦郎所長(71)は32年間、論語の「和して同ぜず」という言葉を信条にして社会保険労務士の業務を続け、顧問契約先の事業主などから厚い信頼を寄せられている。その一方、公益財団法人相模原市勤労者福祉サービスセンター(愛称・あじさいメイツ)の理事長として、市内

  • 創立者の志を継ぐ沖吉理事長

    沖吉和祐理事長、良き家庭人・社会人育てる/創立91年目の東京家政学院大

     本紙既報のとおり、東京家政学院大学町田キャンパス(相原町)の学生が制作した映像作品「友だちのカタチ」が、7月に開催された仏・グルノーブル市主催の第39回屋外短編映画祭で上映され、好評を博したという。相模原市に隣接する同キャンパスでは、創立者大江スミが掲げた、国際的視野を持つ良き社会人・家庭人を育て

  • %e5%85%ab%e6%9c%a8%e3%81%95%e3%82%93-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

    八木茂雄さん、「防火・防災は市一体で」/防災協会理事長を8年

     全国どこでも「災害に強いまちづくり」は大きな課題。そのためには日ごろから市民の命と財産を守るための備えをしておくことが必要不可欠だ。9月4日に実施された相模原市総合防災訓練は、大地震が発生したときの迅速な対応に役立てるための訓練だが、市には年間を通じて災害防止と発生時の的確な対応を目標にして活動し

  • 佐藤茂

    佐藤茂さん、愛着深い地元で「藤寿司」経営/市内卸売市場の振興願う

     相模原生まれで相模原育ち。寿司職人を志して東京で過ごした7年間の修業時代以外は、58歳の今までずっと故郷で暮らしている佐藤茂さん。33年続く藤寿司(中央区富士見)の創業者だ。「相模原の土地も人間も大好きだ」と活気あふれる声で愛着を語るが、それだからこその心配も隠さない。「ネタを仕入れる市場が寂しく

  • 熱意を見せる古橋理事長

    古橋裕一さん、参加型イベントで町を元気に/橋本商協組の若き理事長

     8月5日から7日まで3日間開催された「第65回橋本七夕まつり」は、34万人の人出でにぎわった。もともとは戦後の復興を目指して橋本駅周辺の商店経営者らが始めた行事で、まちと商店街との強い結び付きを物語っている。リニア新幹線の駅設置が話題になっている橋本だが、住民とともにまちづくりの土台を担うのは、設