製造業・中小企業

  • 相模原市内企業の「さがみはらブース」

    航空宇宙分野目指しPR、相模原市内4社出展/国際宇宙展が開催

     航空宇宙分野で国内最大の展示会「国際航空宇宙展」が12~15日まで東京ビッグサイトで開かれ、航空宇宙分野への参入を目指す相模原の市内企業4社が製品や技術を共同で出展。宇宙航空研究開発機構(JAXA)相模原キャンパスの全面協力で、販路拡大を目指しアピールした。  今回の展示会は2012年から4年ぶり

  • 130317_seizougyou

    ケアミックス、足こぎ車いす扱い開始/介護福祉への拡大目指す

     介護施設の紹介などを行う「ケアミックス」(町田市中町)は、足の不自由な人が自分の足でこぎ、自分の足で移動しているという感覚で乗れる車いす「COGY(コギー)」を扱う。同市や相模原市、川崎市などの介護・福祉施設への導入拡大を目指している。  コギーは、人が本能的に歩こうとする作用を利用した車いす。足

  • グッドデザイン賞に選ばれた「トーコーキッチン」

    トーコーキッチン、グッドデザイン賞/「集合住宅に一つの型提供」

     不動産仲介業の東郊住宅社(相模原市中央区淵野辺)が始めた入居者向け食堂「トーコーキッチン」が、日本デザイン振興会が主催する2016年度グッドデザイン・ベスト100を受賞した。審査員から「今後の集合住宅デザインの一つの型を提供するのではないか」と評価された。  トーコーキッチンは、同社が淵野辺駅周辺

  • 130317_seizougyou

    MHIET 9月に稼働開始、IoT活用で基盤構築/ターボ生産のライン導入

     三菱重工エンジン&ターボチャージャ(MHIET、相模原市中央区田名)は、相模原地区第三工場のIoT(もののインターネット)活用を可能にするネットワーク基盤を構築した。9月から稼働を開始。製造ラインと工場内外を繋ぎ、迅速な可視化を実現した。  MHIETが世界トップクラスの市場シェアを持つターボチャ

  • 開発状況を話す向洋技研の関係者

    県産技センター、3社が開発提案/IoTでフォーラム

     県産業技術センター(海老名市下今泉)は9月26日、同センターで第2回「IoTプロジェクトフォーラム」を開いた。「中小企業IoT化推進事業」に選定された相模原市内の企業3社が、それぞれの開発テーマについてプレゼンテーションを行った。  向洋技研(相模原市中央区田名)は、開発・販売するテーブルスポット

  • 一部機能が移転される相模原事業所=相模原市中央区

    キャタピラージャパン、一部機能を明石へ移転/相模原事業所で生産停止

    建設機械大手のキャタピラージャパン(東京・用賀)はこのほど、相模事業所(相模原市中央区田名)と本社の一部機能を明石事業所(兵庫県明石市)に移す方針を明らかにした。時期は未定だが、計100人規模となる見通し。 移転対象は、情報システムの関連部門のほか、法務や人事、経理など管理部門の一部。相模事業所には

  • 「リプル」を張った三味線を持つ小松社長

    小松屋「リプル」を発売、三味線向け人口皮開発/海外需要狙う

     三味線を製造・販売する「小松屋」(相模原市緑区青山)は、三味線の胴に張るイヌやネコの皮に代わる人工皮革「リプル」を開発した。動物愛護の高まりや国内需要の低迷などの逆境を乗り越え、欧米などで増える需要に応えようとしている。 (芹澤 康成/2016年10月1日号掲載)  三味線に使う皮は約9割がイヌ、

  • %e6%9d%b1%e9%82%a6%e9%9b%bb%e5%ad%90-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

    東邦電子、IoT事業への橋渡し/無線温湿度ロガー開発

     東邦電子(相模原市緑区西橋本)は、計測データを近距離無線通信でスマートフォンに送信し、管理・分析できる温湿度ロガー「ピコロガー」を開発した。シリーズをIoT事業への橋渡しとし、開発で得たノウハウを次世代の主力製品開発に生かしたい考えだ。  同シリーズに使われている高分子薄膜式温湿度センサーはスイス

  • %e5%84%aa%e8%89%af%e5%b7%a5%e4%ba%8b%e8%a1%a8%e5%bd%b0-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

    相模原市、39事業所を表彰/優良工事の工事36件

     相模原市は8月24日、優良工事等表彰の式典をけやき会館(同市中央区富士見)で開いた。同市が発注し2015年度に完成した工事のうち、成績が優れた36件を優良工事として表彰した。  受賞企業は日栄建設(中央区田名)や防長土建(中央区宮下)、甲斐工務店(南区上鶴間本町)など39事業所。受賞した実績は、入

  • 製品や技術が認定を受けた11社の関係者ら

    11社13製品を認定、16年度トライアル発注

     相模原市は8月24日、市産業会館(同市中央区中央)で市内中小企業の優れた製品の販路開拓を支援する「トライアル発注認定制度」の認定式を開き、19社21製品の応募から11社13製品を認定した。認定製品を市が試験的に導入するほか、カタログを作るなど周知していく。  式典は加山俊夫市長が出席し、各社に認定