アマギ、顧客満足の追及へ/コバック元八王子店開く


「感謝しています」の旗で送迎する杉井店長

「感謝しています」の旗で送迎する杉井店長

 相模原・町田・八王子の3市で車検のコバックなどを運営する「アマギ」(相模原市緑区西橋本)は、昨年11月にオープンした元八王子店にコバック直営店とほぼ同じ経営を取り入れ、QSC(クオリティ・サービス・クレンビネス)の実現による顧客満足度を追求する。1秒でも早い納車を心掛けるため、トヨタ方式の改善を採用した現場づくりで無駄がない動線を模索している。

 元八王子店は八王子市内で2店目、アマギ運営で6店目。従来店と同じフランチャイズ店ながら、“アマギ色”に染まらず濃くコバック色を出す「ザ・コバック」を方針に掲げている。

 コバックの方針やCI(コーポレート・アイデンティティー)を積極的に採用。早く確実な整備を心掛け、工具の定置管理や明るく清潔な環境づくりに努めている。

 同店の特徴は、20代前半から30代前半や経験年数が2~3年の従業員などが多いこと。若手スタッフを最前線に送り込むことで、将来の戦力となる人材の育成を狙う。

 客層は、近くに新興住宅や横川団地があるためか、20代から30代の若い主婦層を中心に高齢者など。納車までの時間をより短縮することで、顧客満足度の向上を図る。

 杉井祐太店長は「よりよい店舗づくりとサービスの提供を心掛ける。お客さま満足度でコバックの全国ナンバーワンを目指す」と意気込む。
(2017年4月10日号掲載)

…続きはご購読の上、紙面でどうぞ。