期成同盟会、相模線の複線化早期に/国やJRへの要望書承認


JR相模線の沿線自治体や商工会議所・商工会などで構成する同線複線化等促進期成同盟会は1日、海老名市内のホテルで2019年度総会を開き、国やJR東日本への要望書など5議案を承認した。予算159万円を啓発事業や要望活動に充てることも決定。相模線沿線の魅力を再発掘するハイキングの実施、機運醸成を図るための講演会などを開催する。【2019年8月10日号掲載】

相模線複線化の重要性を確認する本村市長

相模線複線化の重要性を確認する本村市長

…続きはご購読の上、紙面でどうぞ。