流通・サービス・他

  • 国分が物流センター

    国分グループ、流通センターを麻溝台に開設/首都圏西武の需要対応

     食品・酒類の総合卸売業「国分グループ本社」(東京・日本橋)は6日、相模原市南区麻溝台にある賃貸物流施設の一部を賃借し、「国分相模原流通センター」を開く。首都圏西部の食品物流を担う三温度帯汎用センターとして、首都圏のフードサービス事業で拡大する物流需要に対応する。 (芹澤 康成/2017年2月1日号

  • 130317_ryuutuu

    産学士業、「うつ」防止で連携/メンタルヘルス対応を支援

     職場からの“うつ”を防ごう―。大手企業と比べ立ち遅れているとされる中小企業のメンタルヘルス対策を支援しようと、産・学・士業がスクラムを組んだ。県内30社と北里大学の研究者、社会保険労務士が加わり「産業精神保健機構」を発足、活動を始めた。「うつ病を出さない職場にするためには、まずは経営者がメンタルヘ

  • 工事が始まった相模海老名駅=12月中旬撮影

    相模鉄道、北口新設で利便性向上/海老名駅建て替えに着手

     相模鉄道(横浜市西区)は12月、海老名駅(海老名市上郷)が老朽化や混雑緩和に対応するため、47年ぶりの建て替え事業に着手した。北口を新設するなど、駅舎の全面的な改良を行う。2017年3月から本体工事に入り、20年3月の新駅舎完成を目指す。  同社によると、新駅舎は地上3階建て、延べ床面積5千平方メ

  • 九即道路の構造物を設置した技術研修所=相模原市

    ネクスコ中日本、橋本台に技術研修所/高速道路の安全向上へ

     ネクスコ中日本のグループ子会社「中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京」は昨年12月の社長会見で、相模原市緑区橋本台に技術研修所を開設したことを明らかにした。高速道路の安全性向上を目的に、点検に関わる人材の教育・訓練を行う。  新設した研修所は、より実践的で効果的な訓練や教育を行うため、高速道路の

  • 図面の奥が三菱重工業相模原製作所、右側が国道129号

    GLP、国内最大級の物流施設/キャタピラージャパン跡地を取得

     シンガポールの物流大手グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(GLP)の日本法人が昨年12月、キャタピラージャパン相模事業所(相模原市中央区田名)の跡地を物流施設向け用地として取得した。国内最大級となる東京ドーム14個分に相当する広さで、2020年ごろから建設に着手し、22年から順次開業する予

  • 「小田急・神奈中ファーム城山農場」(左)と第一弾の高糖度ミニトマト「かなか」

    小田急電鉄と神奈中、相模原で農業本格化/高糖度ミニトマトを発売

     鉄道会社の小田急電鉄(東京・新宿)と小田急グループでバス事業者の神奈川中央交通(平塚市)は共同事業として、相模原市緑区城山の未利用地を活用したアグリビジネスを本格化した。栽培した高糖度ミニトマトを昨年12月24日から、小田急沿線のスーパーなどで販売している。  「小田急・神奈中ファーム城山農場」が

  • 市役所近くの店舗

    坦々麺専門店が開店、人気店の味が相模原に

     自動販売機飲料販売のナショナルトータルビバレッジ(相模原市緑区寸沢嵐)は昨年12月17日、名古屋の行列ができる人気店の味が楽しめる担々麺(たんたんめん)専門店「ドラゴンキング」を相模原市役所(中央区中央)の近くにオープンした。  同社の山口弘一社長が名古屋で出会った創業55年の老舗担々麺店の味にほ

  • 上溝に移転する「オハナ」のイメージ

    「オハナ」移転、企業内保育で女性支援/保育枠拡充

     子育て支援施設「ラーニングセンターOHANA(オハナ)」(相模原市中央区横山台)は2017年4月、同区上溝に移転する。保育の受け皿を拡充することで子育て世代が働きやすい環境を整備し、地域の親子が共に育つ場を目指す。  新築している施設では保育設備を拡張し、従業員や地域の子供を対象に12人まで預かる

  • 南区に進出した「福よし」

    福よし、配達ハンバーグ弁当で好調/「相模原の名物に」

     ステーキとハンバーグのレストラン「福よし」が12月10日、相模原市内で2店舗目となる古淵店(南区古淵)をオープンした。「より多くの相模原市民にとろけるハンバーグを食べてもらいたい」というオーナーの思いで、好調な弁当のデリバリーなど経営の幅を広げている。  新店舗は、JR古淵駅から歩いて3分にある貸

  • ヘルスケア関連製品に興味を示す視察団

    ジェトロと県、海外から視察団招待/ヘルスケア需要狙い交流

     ベトナムやトルコでヘルスケアに影響力を持つ政府関係者やマスコミ、ビジネスパーソンらが神奈川の健康・長寿産業の優れた製品やサービスを視察するため、2016年12月19日に県内を訪れた。日本貿易振興機構(ジェトロ)と県が招待し、輸出や研究・開発の共同など、ビジネス交流の可能性を探った。  招待されたの