流通・サービス・他

  • 130317_ryuutuu

    地域企業、冷感グッズに商機/新規製品続々と

     本格的な夏到来を前に、相模原など地域の中小企業が「冷感グッズ」の販路を開拓している。景気の先行き不透明感が残るなか、少しでも商機拡大につなげようと、知恵を絞った自社商品を続々と開発。今夏は昨年に比べても暑くなるだろうとの予報もあり、今後の市場拡大をにらんでいる。頭巾や布団、保冷枕…。どれも独自性に

  • 縦写真・パトリックキソガーデン - コピー

    結婚式場運営のシモン、会員サービス「パトモクラブ」展開/地域活性化に一役

     地域活性化を図ろうと、町田市内で結婚式場を運営するシモン(同市木曽東)は、特典付きの会員向けサービス「パトモクラブ」を展開している。式場の利用客らが入会し、地元商店や企業などでクーポンを利用できるものだ。地域の加盟店舗数も徐々に増えており、町田、相模原、大和を中心に240にのぼる。松崎護会長は同サ

  • BSB店内 - コピー

    ブックオフ、リユース事業強化へ/オフィス用品など買収

     古書販売大手ブックオフコーポレーション(相模原市南区古淵)は、オフィス用品などの売買事業に参入する。4月に設立した子会社「ハグオール」(東京都中央区)で展開していく。  実店舗を持たず、個人や法人向けに、出張型の買い取りサービスを実施する。買収の対象は限定せず、オフィス用品や厨房機器など、幅広い商

  • 舟生さん - コピー

    さくらみらいグループ、タイ大手と合弁設立/会計業務など幅広い支援

     会計事務所などを展開する、さくらみらいグループ(相模原市中央区相模原)は、タイの同業大手、バンチキと資本・業務提携した。両社で合弁会社をバンコク市内にこのほど設立。タイ進出を考える中小企業などを対象に、コンサルティングから進出後の経営サポート、現地企業とのビジネスマッチングを一貫して提供していく。

  • 130317_ryuutuu

    SIC、現地協業を支援/台湾2機関と業務提携

     さがみはら産業創造センター(SIC、相模原市緑区西橋本)は、台湾の産業支援機関である「台湾建築中心」、「金属研究発展中心」と業務提携したと発表した。  このほど、SICの山本満専務が台湾建築中心の許銘文執行長と覚書に調印した。  地域企業と台湾企業による協業を促すのが狙い。SICが窓口となり、台湾

  • 130317_ryuutuu

    帝国DB横浜支店調査、「景気DI」は微増/5月の県内動向

     帝国データバンク横浜支店が実施した5月の県内の景気動向調査によると、企業の景況感を基に算出した指数「景気DI」は、43・3となり前月比0・1ポイントの微増にとどまった。大企業、中小企業とも、わずかに改善したものの、「小規模企業」は同1・7ポイント悪化した。「全体的に景気浮揚感が鈍化している」(同支

  • ものづくり連携 - コピー

    相模原商議所、ものづくり連携検討委/アイデア出し合う

     相模原商工会議所工業部会・新成長ビジネスGETプロジェクト(松岡康彦委員長)は12日、市立商工会館で「ものづくり連携検討委員会」を開いた。  同委員会は、工業部会に所属する市内の異業種企業16社が、モノづくり連携の可能性を探るため4月に発足した。横浜国立大学・共同研究推進センターの村富洋一教授が座

  • 130317_ryuutuu

    KIP、ミャンマー進出支援/自動車関連産業対象に

     神奈川産業振興センター(KIP、横浜市中区尾上町)は、ミャンマー進出を狙う県内の自動車関連企業を支援する。  国内市場が伸び悩むなか、成長する現地市場への販路拡大を後押しする狙い。  KIPは、11月下旬から現地で開かれる自動車展示会にブースを設け、そこに県内企業の製品などを展示していく。  ミャ

  • 130317_ryuutuu

    県、「いのち関連産業」支援/健康食品や介護器具などの「内需型産業」を追加

     県は「いのち関連産業」の支援に乗り出す。医薬品などのライフサイエンス分野だけでなく、健康につながる食品や介護器具なども関連産業として定義。県が実施する産業集積促進方策「インベスト神奈川・セカンドステップ」で、認定対象となる業種として追加した。県は「自動車などの輸出型産業が海外生産を加速させているな

  • 130317_ryuutuu

    TSR調査、5月県内企業倒産 1年ぶりに60件台/老舗企業など増加傾向

     東京商工リサーチ横浜支店がまとめた5月の県内企業倒産件数は、前年同月比6・9%減の67件となり、3カ月連続で前年を下回った。ただ、倒産件数が60件台は1年ぶりの高水準としている。相模原市内ではディスカウント店経営・アイワールド(中央区中央)が民事再生法を申請したものの、件数は前年と同じだった。(千